イメージ 1

これが極太アーシングライン(Audio Technica TPC4)の外皮に巻きつけた

銅箔と、その上に嵌めた熱収縮チューブです。

銅箔を床にまっすぐにひいて、その上にアーシングラインを置き、

その後、銅箔を、巻きつけてゆき、それをセロハンテープなどで

仮留めしたあと、熱圧縮チューブの中に通していき、それをバーナーで

こげない程度にあぶると、黒光りする最強アーシングラインが完成。

片方の銅箔を極太アーシングラインの片端に半田付けすると、

アースラインをシールドすることができます。

アースラインにノイズが入ってきても、そのノイズは外皮を通る方向と、内側の

アーシングラインを通る方向とが、互いに逆方向になり打ち消しあうため

ノイズが消えるのです。この結果、アーシングラインに混入するノイズの影響は

アーシングラインが長くなっても理論上は打ち消すことができます。