イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アンテナカップラーのKX-3です。

ミズホ通信の今から20年以上前の機械です。

今回、これをDX500に接続したところ、これまで受信できなかった

局がいくつか受信が可能なまでゲインがあがりました。

大体、ゲインにして20dbぐらい改善します。

プリアンプではないので、電源も使いません。

これまでDX500はアクティブアンテナということで、本来はアンプ部で

50オームに整えられているので、アンテナカップラーの効果は無いと

考えていましたが、効果はあるようです。


ただ、同調のほうは、受信20-30MHzのところでは、バンドセレクター15MHz
(かつTUNING1の効果はほとんど無く、TUNING2も右に回しきり)で最良の効果が出ます。

受信4MHzでは、バンド選択は5-8MHzでTUNING2は右に回しきりで最良です。

どうも、動作が通常のアンテナカップラーとは異なるようです。

ただノイズが増えることもないので、大変満足しています。