イメージ 1

マイシャックを公開します。

スピーカーは、オーラトーンをBCL用に、JRCの通信型スピーカーは

無線通信用に用いております。

オーラトーンは、豊かな低音が魅力です。

JRCのNVA-88は、明瞭な了解度が魅力です。

マイクは、コンデンサーマイクを用いています。オーディオテクニカのATS520という

機種です。PTT【送信するときに使うボタン】はこのマイクには付いていませんので、

自作のフットスイッチ【足で送信受信を切り替えられる】をつかっています。

また無線機の下側には、W2IHY 8バンド オーディオイコライザーがあり、これで

狭帯域のアマチュア無線でも、ハイファイな音質が出せるように、2400KHz以上を

9db程度、および100KHz以下を4~6db程度、心持ち引き上げてます。

机の上にあるのは、ラックスのオーディオセレクターです。これで

2系統のラジオのオーディオ+PCからのオーディオ出力の3系統を選べるように

なっています。

机の上にあるのは磁界型アンテナAMA10Dのコントローラーです。

これで同調周波数のコントロールをします。

無線機は、JST-135Dです。その上にAR3030があり、小型アンテナの

DX500と接続されています。

AR7030PLUSは、JST135Dからの外部アンテナ出力端子を通して、

パッシブ磁界アンテナのAMA10Dというアンテナが接続されています。

AR3030にはミズホ通信のKX-3というアンテナカップラーが接続されています。