Itunesが突然開かなくなりました。
昨日、TPが開けていたので、いつも使っている超録というフリーソフトで
録音していたのですが、いざ録音を開こうとすると見慣れないメッセージが
出てきました。
「QuickTimeのバージョンが7.0dのため、開けません。最新の7.0.3をダウンロードしてください」
仕方ないので、AppleのHPから最新のQuickTimeをダウンロードします。
そして、インストールすると、こんどは
「すでにあなたは最新のバージョンのインストール済みですのでダウンロードできません。」
とのメッセージ
「@@なんじゃこりゃー 」
仕方がないので、Appleのサポートをググって、関連情報がないか調べます。
そうすると、次のような情報がありました。

心当たりのない謎エラーにより
再インストールができなかった件。

インストール済という偽情報が、レジストリに残っていたため。


Windows Installer Clean Up
http://support.microsoft.com/?scid=KB;JA;833594

などを使って
再インストールしたい(=消したハズの)ものが
まだ残っているのがあるのでそれを
消去してやればOK。

Quick Time stand aloneを再度ダウンロード
http://www.apple.com/jp/quicktime/download/standalone.html

より新しいバージョンの…
というメッセージは出ない。

とある。

さっそく、ウィンドウズのHPから、そのクリーンナップなる
ソフトをインストールし、それで見ると、結構残ってる。

それで全部消しました。(この時点で夜中2時…あー眠い。あとは明日にしよう)

翌日会社出勤前に、
再度インストールを試すが、
やはり

「すでにあなたは最新のバージョンのインストール済みですのでダウンロードできません。」
とのメッセージ
「@@なんじゃこりゃー 」
絶叫

しかし会社に出勤の時間。やむなく中断。

会社についても頭の中は、Quick Time
のにくいメッセージ。

同僚とも、コーヒーのみながら相談。
そうすると突然アイディアがひらめく。


そうだ、
Cドライブ検索 ”Quick”

関連するファイルを抽出してやって
全部消せばいいんだ。


そうして帰宅後、わくわくしながら、やってみると、

なんとまだ沢山残ってます。もちろんQuickと書いているファイルで
Appleじゃないのもあるので、一つ一つプロパティやファイルの格納場所を判断
しながら関係の無いものを消さないように注意しながら手で消して行きます。


OK

再度インストールすると、こんどは成功
やったー

こうしてようやく、録音した大切なライブラリーと面会が出来るようになりました。

めでたし。

しかし本当、大変だった。