イメージ 1

大進無線の6:1バランがアース線とエレメントとつながっている写真です。ここから同軸を取ります。家から離れている場所にして同軸は長めにしてます。短波の同軸の損失は無視出来ます。アース線は最短です。設置抵抗を落としたほうがアンテナのノイズ低減になりますので土地は水はけが悪いところにしました。アース棒は短く2本配置してます。アンアンはプラスチックケースなので開口部を防水テープで処置しました。