BCLをやってると、何でこんな趣味をしているのかと良く聴かれます。

最近はエクストリームアイロニングと言う趣味があるとのことで
山に登って、そこでアイロンするそうです。山に登山の格好をして
なぜか、アイロンのセットを持っている男たち、なぜそんなことをするのか
と聴かれると、そこにしわのあるシャツがあるからと言うそうです。
でも写真を見ると、実に山頂でアイロンをかける姿は、すがすがしく
芸術的ともいえます。山頂で疲れたからだに、アイロンの香りが最高だそうです。
それは最高でしょうね。

ちなみにBCLは、海外からの遠い伝播を小さなアンテナを使って(大きなアンテナかも
しれませんが)聴く趣味です。家で聴く場合もあるし、外で聞く場合もあります。
アンテナをベランダでくるくると回して、ノイズが一番小さくなるところを
探っていることもありますし、ひたすらノイズの中から、頭の中で目的の放送を
聞き分ける人もあります。まさに楽しみ方は人それぞれ。
BCLやっている人は、多かれ少なかれ、機械や電気に関心のある人が多いですね。
機械いじりやアンテナいじりがすきという人も多いと思います。
またべリカードというものがあり、放送を聴いた後、確かに放送を聴いたよという
レポートをその放送局に送って、確認証をもらうことができる場合があります。
(放送局によっては最近は、そういうサービスをやっていないことや、ラジオ日本の
ように国内での受信には確認証を送らない場合もあります)
そういうカード集めをするのが趣味の人もあり、中にはそういうカードがオークションで
売られていて、高値で取引されることがあります。こういうのは鉄道マニアが
色々なグッズを集めるのにも似ているところがあり収集癖をくすぐります。

私はどちらかというとアンテナいじりが好きですね。昔からよくアンテナをぐるぐると
マンションの回りに張り巡らせたり、時には、となりの家までアンテナを伸ばしたりして
悪さの限りを尽くしました。。
でもそういうアンテナが、夜中、とても外に出るのもはばかれるようなときに、
海外からの素敵な音楽を運んでくれるとしたら、なんて素敵なことでしょうか。
ベッドの中で、夢を見ながら、海外の音楽を聴くことが最高に素敵です。

オーディオが好きなので、音楽を良く聴きますが、ノイズの海の中のAM変調のローファイな
音楽が一番素敵だと思うのです。ハイファイな音楽には無い、ロマンがそこには広がります。
そうエジソンが、きっと聴いたはずの、遠い地平のかなたからのモールスにも似た響きを
感じます。