イメージ 1

イメージ 2

AR3030は、本当に良いリグでした。
なんでこれを手放したのか悔やまれます。
音も良く、中身も確りとしていて、本当に銘記でした。
しかしNRD545や、AR7030に比べて一点残念なことがありました。
それはチューニングのスピードが遅いことでした。
もちろんスピードを変えることは出来るのですが、
それ以前に、メカニカルエンコーダーの性能が古いせいか
あまり良くなかったのです。AR7030のエンコーダーに取り替えた
のでだいぶマシにはなりましたが、この点がやはりあって、
余り使う機会が無く、このままではリグが悪くなると思いましたので
大切に使っていただける方にお譲りしたのです。
しかし、こうやって写真を見るとますます残念になります。
お嫁に行った先で、かわいがってもらっているかなあ。。

ここにこれから
中古を購入する方のために、使い方のメモを書いておきます。

AR3030の使い方(簡単メモ)

☆周波数の入力
>テンキー+kHz

☆周波数の入れ間違えを直す。
>ENT/BSを押す

☆ VFOのステップを変える
>kHzを押す(そうするとLCD上のアンダーバーの位置が10Hz,100Hz,1kHzステップと変わる)

☆ フィルター帯域を変える
>B Wのボタンを押す (そうするとLCD画面上で NOR NRWと変わる…AMモードのみ、SSBはNRWのみとなります)

☆ 中波の同期検波
>モードスイッチを動かして、LCDをS.AMにする

☆ 2VFOの切り替え
>VFOボタンを押す(そうするとA,BとVFOが切り替えられるので2周波数を同時ワッチできます)

☆ スケルチをかけたい
>SQLのボリュームを動かします(信号があるときだけ音量が出るようにできます)

☆ ATT(アッテネーター)を使いたい
>ATTボタンを押します。

☆ メーターバンド単位で周波数遷移したい
>90などとテンキーで打った後、mtrボタンを押す(そうすると90mバンドに遷移します)その他、国際放送バンド名は概ねOKです。

☆ 音質を切り替えたい
>TONEボタンを押すと切り替えができます。

☆ メモリー選局したい
>MEMOボタンを押した後、ダイヤルを回すとメモリー選局できます。
☆ メモリー登録したい(上書き)
>上書きしたいメモリー番号を決める > M inボタンを押す > メモリー登録したい周波数を選ぶ > M in ボタンを押す >テンキーで ,離瓮皀蝓屡峭罎魏,后>LCDが点滅する間に ENT/BSボタンを押す。…メモリー確定


以 上