マランツのアンプに、なんとか頑張ってもらおうと、オークションで
格安で入手したスピーカーコードを新たに導入しました。
繋いで聞いた音楽の「圧倒的な音の広がり」「音像の明確さ」「ワイドレンジ」に
言葉を失う結果になり、満足しています。

これで昔のA1000Aと同等の音が出るようになりました(パチパチパチ)

ただ問題がありました。導入したスピーカーコードは両端Yラグで、
マランツのアンプのスピーカー端末がYラグを受け付けないタイプだったので
オーディオテクニカのYラグ、バナナプラグ変換プラグを買いましたが、
これが、バナナ部分が細くて、アンプのスピーカー端末にはまらないのです。
そこで一生懸命マイナスドライバーでバナナ部分の端末の幅を
広げてなんとか、はまるようにしました。
一苦労しました。

アンプはYラグぐらいスピーカー端末の接続に使えるようにして欲しい。
裸線を使うように考えられているんですけどこのランクで、裸線を使う奴はいないでしょう。

まあ、不満はあったのですが、聞いたら圧倒的な音だったので
流石にこのスピーカーケーブルはすごいと思いました。

アンプ1に対してスピーカーコード9ぐらいの貢献度でしょうね。

(購入したスピーカーコード)
イメージ 1
ワイヤーワールドのスピーカーコード 定価
SES6 /2.0m¥231,000
です。銀色の分厚いコードです。とても綺麗です。中古なのでだいぶ安かったです。
いかにも高級っていう感じがします。

このコードを使うとトーンコントロールをOFFにしても十分高音も低音も聞こえるので
やっと安心して中音も充実した音楽を聴けるようになりました。

やっと楽しく音楽が聴けるようになりました。
ちなみに寝室のスピーカーとアンプの組み合わせと聴き比べしましたが
やはり、寝室側はイージーリスニングで感動的なメインシステムとは大違い
でした。でも寝室側はそれでアリかなとも思いました。

オーディオは奥が深い


PS 後でマランツのアンプはバナナ端子に対応していることを知りました。よく確かめるべきでした。
  買ってしまったYラグ→バナナプラグ変換機は、オークションで売りましたが半値になりました。
  仕方がありません。5000円が消えました。