登山が趣味の息子と一緒に秀麗富嶽一二景の高川山に登ってきました。残念ながら小雨の山行で富士山は見えませんでしたが、霧にかすんだ森の新鮮な空気を吸ってきました。とくにカタクリの群生地で一面にお花が咲いているのを見れたのは今回の山行での大きな収穫でした。
イメージ 1

その後、尾根を伝って縦走し、関東の富士見百景の丸山に到着。ここの標高は444.4mとなにか追い立てられるような数字でした。

一旦街に降りて、今度は秀麗富嶽一二景の高取山に行きました。
岸壁が半端じゃなく、岩場はあまりにも怖いので、迂回コースを通りました。
手が滑ったら100-200mぐらい下に激突ですからね。
頂上に着くと、左も右も垂直に近い崖になっていて、刃の上を通るような
コースで目を左右に動かせない状態でした。

今回の山行で学んだのは降りる時のコツでした。とくに粘土質の地面で
雨が降った後、いかにして滑らずに降りるかのコツを習得出来ました。
(まだ何回かはミスがあって、失敗することはありますが)
帰りは疲れましたが充実した山行でした。

> 初狩駅       8:26 
> 林道終点    9:08 
> 高川山       9:52 
>               10:38 
> 天神峠    11:50 
> むすび山  12:42 
>               13:34 
> 大月駅    13:56 
> 丸山       14:21 
>              14:35 
> 岩殿山    15:01 
>              15:05 
> 稚児落し  16:45 
> 浅利集落  17:21 
> 大月駅    18:12