昨日と今日の2日間をかけて、これまで10年間使ってきたアマチュア無線用
アンテナ(AMA10D)のアンテナの支柱を交換しました。
イメージ 1

アンテナの支柱には、グラスファイバーのポールを使っていましたが、この10年で
表面のコーティングが剥落し、グラスファイバーの繊維が空中に飛散する状況で
アンテナのメンテナンスに支障をきたしていた、具体的には触るとガラス繊維が手に
刺さる状況だったので、交換することにしました。

昨日は垂直部分のアンテナポールを交換しました。最初購入してきたポールが
当初設置していたものに比べて若干短かったのですが、かえってSWRが低くなり
体感的に電波が良く飛ぶようになりました。また古いポールは根元部分が割れて
いたので交換して良かったと思います。

今日は水平部分のアンテナポールを交換しました。アンテナ同調部を支える部分を
ポールの上から見て半円状に切りださないといけなかったので作業は大変でした。
しかし上手く切りだすことが出来てアンテナと上手く組み合わせることが出来ました。

新しくポールを入れ替えたことでアンテナを見た感じも綺麗になりました。
これで後10年は交換無しで持つでしょう。
有意義な2日間となりました。