Perseus でDRMを聴くための方法

まず、Dream をダウンロードします。(DreamをクリックするとHPに飛びます)
Looking for the latest version? の右横のリンクをクリックします。
おそらく運営費用の捻出のためだと思いますが、たまに
ダウンロード中不快なCMが流れることがあります。
中断出来ないようですので耐えてください。

ダウンロードが終わると、自動的にフォルダーが開きます。
この中は圧縮されたファイル群なので、このままでは使えません。
その中のdream.exe をクリックして解凍します。
⇒すべて展開を選択
⇒保存したいフォルダーを選択する(選択しなければCドライブのProgramの
 フォルダーに保存されます。私は任意のフォルダーに入れています。)
⇒解凍終了後フォルダー内が表示されるので、dream.exeを右クリック⇒
 送る⇒デスクトップ(ショートカット作成)を選択
 これでデスクトップにDreamのアイコンが出来るので
 DRMを聴くときは、これをクリックします。
これでDreamはダウンロードされました。

しかし、このままではまだDRMは受信出来ません。
Perseusで受信したDRM信号を、Dreamに送るための仮想オーディオケーブルの
ソフトであるVirtual Audio Cableをここからダウンロードする必要があります。
(ここから、をクリックするとHPに飛びます)
Download and purchase から Download trial versionをクリックします。
setup.exe(64bit のPCの場合は、setup64.exe)
という欄から
Download trial version
を選んでダウンロードします。
フォルダーが開いたら、setup64.exe(64bit のPCの場合は、setup64.exe)をクリックします。
解凍し、すべて展開を選択する。(展開先は自分でも設定出来ます。設定しない
場合はProgramフォルダーに保存されます)
⇒解凍終了後フォルダー内が表示されるので、フォルダーが開いたら、
setup64.exe(64bit のPCの場合は、setup64.exe)をクリックします。
そこからは指示に従って進んでください。

ダウンロードが終わったら、vcctlpan.exeをクリックし、Cableが1になっている
ことを確認して、Exitを押す。

ウィンドウズのボリュームコントロールオプションを開き、サウンドデバイスの
Line1にVirtual Audio Cableがあり、アクティブになっていることを確認。

これでDreamが使えるようになります。

あとは、PerseusでDRMモードを選択、Dreamを立ち上げるとDRM放送が
聴けるようになります。

(記載についての正確性は保証しません。自己責任でお願いします。)