最近、DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)というものを導入しました。

ペルセウスの「音(デジタル)」を、パソコンで「アナログ」に変換処理すると、
その過程でパソコンのノイズが多くなります。

ペルセウスの「音」はデジタル信号として出力されます。
このデジタル信号をパソコンに付属しているDAコンバーターでアナログの
「音」に変えて聴いています。

しかしこれは、パソコンの中での変換処理なので、パソコンのノイズが伝わり
やすくなり、ノイジーになるのと、そもそもパソコンの中のDAコンバーター
の性能が、あまり良くないので、いい「音」で聴けません。

そこで、DACの出番です。

パソコン(ペルセウス)には、デジタル信号の出力に専念させて、USBケーブル
を介して、DACという専門のDAコンバーターにデジタル信号を送り、
DACでアナログの「音」に変換して、スピーカー等に出力させます。

これはパソコンのノイズが音に入りにくくなり、かつ専門のDAコンバーターなの
で、変換自体の性能が高いので、非常にクリアな音でペルセウスの受信音を
出すことが出来ます。

私はDAC-100というDACを使っています。
少し高いですが、音にこだわりたいペルセウス等のパソコンで受信する装置を
お持ちの方に、お勧めします。
イメージ 1