RF-2600のCALがずれてきて、ついに一番左にしないと周波数校正が
出来なくなりました。
SW CALを12時の位置にすると10kHz以上上の表示になります。
(ラジオ日経 3925kHzから3935kHzで受信)

SW-CALの調整方法が無いかネットを探したところ、RF-2600の前身
機種である、RF-2800のSW-CAL調整に成功された方の情報がありました。
独自に研究された成果が惜しみなく開示されています。


その方の情報によると SW 2nd OSCのトリマーが周波数校正に
関係しているとのことでした。


イメージ 8
RF-2800は調整が裏ぶたを開ければすぐ出来るので、苦労しないのですが
RF-2600は裏ぶたを外しても調整面が出ず、一回基板をひっくりかえす
必要があります。(これが結構大変です)

さて、このRF-2800の10番にあたるトリマーは何だろう?

RF-2600のサービスマニュアルをネットで入手し、確認しました。
セカンドオシレーターが関係していると書いているので、その
関係のトリマーが無いか、サービスマニュアルを探しました。
イメージ 1

どうも、この下側にあるSW 2ndL OSC(L17)が該当するトリマーのようです。
これを調整することにします。

RF-2600の分解方法は下記の方のサイトを参考にしました。ネジの
取り外し方等が懇切丁寧に記載されています。


まずは基板を引き出す必要があります。
シャーシからネジを上記サイトを参考に外して慎重に基盤を取り出します。
イメージ 2
まず、チューニングノブ、ボリューム等を取り外します。

イメージ 3
ラジオ裏面の基板のネジや、スピーカーコード、アンテナコード、其の他コードを
外していきます。(上記サイトの情報が無いと、外すのは難しいと思います)
私の持っている機種は、スピーカーコード等が半田づけされていないタイプだったの
で比較的外すのが楽でした。

イメージ 4
イメージ 9

基板を引き出すと、表側の基板が出てきます。
周波数カウンターがぶらぶら状態なので、落下、断線に気を付けてください。
あと、電源は電池を使っています。シャーシ内の電源コードが結構短いので
注意が必要です。またアンテナ線にアンテナを繋がないと調整出来ないので、
ワニ口クリップ等でアンテナ線に接続しておく必要があります。
イメージ 5
上記写真の真ん中がL17のトリマーです。
SW-CALを真ん中にして、強大局(例えばラジオ日経 3925kHz)を聴きなが
ら、これを調整用のねじ回しできわめて微妙に動かすと、あら不思議 きちんと聴けるようになりました。(ちなみにスピーカー端子は外していますのでヘッドホン
で聴きながら、同調させます。同調独特のシュワ―という音の変化でゼロイン調整
する必要がありますので、耳が慣れていないと難しいと思います)

私の機種はなぜかSW-CALが次第に左にずれていく傾向がありましたので、
思い切り右側に合わせて調整しておきました。これでしばらくはSW-CALで
調整出来るはずです。
(そもそもなぜ、SW-CALが大きくずれていくのかが分からないのが残念)

イメージ 6
SW-CALが3時の位置できちんと同調するようにセットしておきました。
(注意:通常は12時の位置で調整してください。私のはSW-CALが左に
ずれていく機種なので、時間稼ぎのため、あえて3時にしています)

イメージ 7
調整が終了しました。
SWCAL3時の位置で正しく受信出来るようになりました。
これで気持ち良く受信出来るようになります。
SW-CALが次第にずれていくことに変わりは無いと思いますが、これで
まあ1か月位は受信が楽しめると思います。
感度もなぜか良くなった気がします。

今回はネット情報に助けられて、念願の周波数校正が出来るようになりました。
やはり自分で直すことが出来ると、愛着が増しますね、
このラジオは、私がBCLを始めたときの最初のラジオなので、大切に
使っていきたいと思います。

ネット情報を開示されている方、ありがとうございました。

しかしSW-CALが次第に左にずれてくるのは一体なぜなのでしょう。
根本的なところがまだ解決していないので、気持ちは悪いです。
どこかの部品の特性が変わってきているのでしょう。