BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2005年10月

イメージ 1

最近AR3030がオークションで8万円で落札されていましたが、結構人気があるんでしょうか、このリグ?

緑色のディスプレーとSメーターが夜に見るといい感じですし音もいいですね。特にSSBの音は、AR7030よりいいですね。ただAR7030の方がパスバンドシフトもありますし、フィルターの選択肢も4つと、AR3030の2つよりも多いので、混信除去機能はAR7030の方がいいですね。ただ私のAR3030は2.4KHz帯域のコリンズメカニカルフィルターのオプションをつけています。でも主には5KHzのコリンズメカニカルフィルターで聴いています。

AR3030は本体にダイレクトで周波数が入れられますので、急いでパラをチェックしたりするのにはいいですね。7030は手元のリモコンのキーがゴム製で信頼性が今ひとつです。

AR3030は音がいい代わりに、隣接周波数のかぶりを受けやすい部分がありますが、SSBで聴けば大抵のかぶりは回避できます。

最近は7030ばかり触ってますが、3030にもいいところはあるので、(性能はともかく、デザインが好き)どちらのリグも大切に使っていこうと思っています。

3030のアンテナですが、AMA10DをJRCのJST135Dにつなぎ、JST135Dの受信出力端子から出力し、それを2分配器で分配し、一端をJST135Dの受信アンテナ入力に戻してやり、残り一端を3030に落として聴いています。DX500はAR7030にだけつないでいます。

イメージ 1

9805KHz Radio MARTI (アメリカのキューバ向け放送)が、ご機嫌に入感してます。ノイズも無く、ローカル局のようです。さあ、もう踊りませう。アミーゴ!!
(SINPO 45444) パラの5980KHzも SINPO 34343 ぐらいですね。(アンテナDX500)

イメージ 1

現在のDX500の設置について書いておこうと思います。

まずこのアンテナは、長さが非常に短いのですが、感度は高いので、ノイズもそれだけ

拾いやすいので、許容される範囲で出来るだけ建物からはずしています。

なおこのアンテナは意外にも、角度で周波数ごとの感度が変わるようです。そこで垂直、水平両方の

偏波を取れるよう、約45度の角度で前向きに設置しました。

アースはアンテナの取り付け金具のビス2箇所にアースコードを圧着端子を通じて取っています。

アースラインはオヤイデで買った3mmの銅単線とオーディオテクニカの一番高価な極太アース

(本来はカーオーディオ用 1m 900円)を約3m引き回し、ベランダの避難口の横に、横の隙間に

ちょうど嵌るような厚さに町工場であつらえていただいた銅板とアースコードの圧着端子を一緒に

這わして、それでアースを建物に落としています。

(避難口はあければ、きちんと開きます。)これでノイズフロアレベルが全バンドS7から9あった

ものが、からS2から1にまで落ちます。ここで注意しないといけないのはDX500のアンテナ

コードの半田。半田コテには電流が流れていますので、絶対に半田はしないようにしてください。

秋葉原には圧着して接続するコネクタが売っています。もし純正以外を付けるときは注意してください。

またアースが落ちているか確かめたり通電を確かめるためのテスターもやめたほうがいいです。

アンテナはノイズの乗りにくいグラスファイバーのポールを使って約1m建物から離しました。

あと同軸を写真のようにアンテナ直下に約1m程度、輪にして下に垂らすと、感度が良くなります。

1700KHzでアメリカの中波局が時々聞こえる。10秒ぐらいですぐに消えてしまいます。まだIDを取れないので、毎日夜に聴いて待っています。

イメージ 1

ついにAR7030(プラス)を買いました。そのファーストインプレッションは、
音がとにかく良かったことです。

また同期検波で自動的に中心周波数を追い込んでいく様が周波数表示で見て取れ、素晴らしいです。

そのほかも色々と感心するところが多いです。

■中波でローカルを聴くと自動的にATTが入るところ
■同期検波中でもPBSで混信を避けられる
■時間表示が常にLCDに出る
■液晶が見やすい
■チューニングノブを回した際の周波数移動も早く、かつスムーズなチューニングが出来る
■標準のワイドフィルターの音がいい
■3KHzのフィルターも充分音質がいいこと
■標準で4種類のフィルターが選べて、受信状況に合わせたフィルターの選択ができる
■高音、低音で独立した音質調整ができる
■10dbのプリアンプが高性能
■ATTとプリアンプが連続的に選べる
■A・B VFOがありパラレルチェックがしやすい


やはり良いリグだと感じました。

こっちもいい感じの音楽で、ぼーとして聴くにはいいですよ。

AIRがいい感じで聞こえてます。フェージングと異国音楽が疲れを癒してくれる。そんな感じです。

↑このページのトップヘ