BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2006年01月

http://bclnikki.wablog.com/10.html

ああSunday pop musicだなあーー。
SINPO 44433です。
18:26-
丁度この頃がピークだったようです、その後ゆるやかに落ちて行きました。
ARNATO@senado.gov.br
に早速レポート。qslカードを貰おう。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

JST-135です。
フィルターにはCFL-232(CW 500Hz)及び、メーカーが違いますが、アイコムの
FL-96(SSB Wide filter 2.8KHz -6db)をつけてます(AMの5.6KHzワイドフィルターとして)。
取り付けるために、若干細工をしてます。
純正には国際のメカニカルフィルター(2KHz -6db)があります。

あとは
BWCユニット(CFL-243)をつけています。
(800Hz帯域幅を狭めることができます)
混信があるときに、PBSと併用することで効果的です。

JST-135は、基盤を写真のように抜き差しするようになっています。

なお出力は日本無線に改造を依頼して200ワット出るようになってます。
(免許も200ワットで取得)

NRD-525と受信部は同じと思われているかもしれませんが、JST-135のほうが
数段すばらしいと言う方が多いです。開発がJST-135のほうが後のこともあり
改良がされているようです。付属のフィルターも良いものを使っているようです。
また周波数ステップ数の設定も細かいですね。

入力同調回路というものがこのJST-135にはあります。
ダイヤルの変化に自動的に追随するプリセレクターです。
これがあるおかげで、混変調も無く、快適なワッチができます。

イメージ 1

20060121 22:30-23:00 SINPO 55555
http://bclnikki.wablog.com/7.html

イメージ 1

イメージ 2

alaskaから大変良好な状態で聞けます。
今21:36 SINPO 55555です。
音楽がいいですね。
なんかDXのことについて話している時間もありました。
http://bclnikki.wablog.com/6.html

イメージ 1

http://bclnikki.wablog.com/4.html
SINPO 44444 (フランス語)
音楽番組 非常によいコンディションで入感してます。
アフリカの地元の音楽紹介番組のようです。

イメージ 1

http://bclnikki.wablog.com/3.html
SINPO 34334
今朝はアフリカが良好です。

イメージ 1

http://bclnikki.wablog.com/2.html
6115KHz (SINPO=53554) 8:07
R.Kavala Rusian (Greece)のIDです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これはマイクです。

接続は、マイク⇒(キャノンコード)⇒「マイク電源供給機」⇒(キャノンコード)⇒「W2IHY EQ」

⇒(キャノン・マイクコード)⇒「JST-135」

です。

マイク電源供給機の付属ACアダプタが不良品で、ハムが混入するのには参りました。

自宅にあるいろいろなアダプタ+秋葉原で買ってきたアダプタをいくつか試して、

一番良かったのが、電池充電機付属のACアダプタだったので、それを使うように

しました。これまでは若干ノイズが感じられていたのですが、ほとんどノイズが

なくなりました。

イメージ 1

今私のブログ画像にあるDX500の下の輪っかを、実験的にやめてみたところ

夕刻のWYFR(6855KHz)はまったく入感しなくなりました。(ノイズレベルは一緒)

逆に、この下の輪っかの長さを少し大きくしたところ、今度は了解度があがりました。

イメージ 1

ローバンドでの受信を強化するために最近参考にしているのが、この本です。

アースの大切さが分かったのは、この本のおかげです。

アンテナ以上にアースにみなさんお金と根気、時間をかけていらっしゃいます。

また設置場所、ロケーションが大切だということも非常によく理解できます。

私もこの本を読んで、何十メートルもの大アンテナを建てることはできませんし

何キロメートルものベバレッジを建てることもできませんし、「うらやましいな~」

と思うだけではありますが、色々な理論、工夫でアンテナの効果が一転するという

ことを知り、色々試すようになりましたので、まあ、これが私のアンテナ設置に

関するバイブルと言っても良いでしょうね。

ちなみに昔はこれ、1万円に近かったのですが、この間秋葉原のラジオ会館で買ったのですが、

凄く安くなっていました。

(3500円)

在庫限りかもしれません。

ご興味あれば、一冊いかがでしょうか?

↑このページのトップヘ