BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2006年03月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アンテナカップラーのKX-3です。

ミズホ通信の今から20年以上前の機械です。

今回、これをDX500に接続したところ、これまで受信できなかった

局がいくつか受信が可能なまでゲインがあがりました。

大体、ゲインにして20dbぐらい改善します。

プリアンプではないので、電源も使いません。

これまでDX500はアクティブアンテナということで、本来はアンプ部で

50オームに整えられているので、アンテナカップラーの効果は無いと

考えていましたが、効果はあるようです。


ただ、同調のほうは、受信20-30MHzのところでは、バンドセレクター15MHz
(かつTUNING1の効果はほとんど無く、TUNING2も右に回しきり)で最良の効果が出ます。

受信4MHzでは、バンド選択は5-8MHzでTUNING2は右に回しきりで最良です。

どうも、動作が通常のアンテナカップラーとは異なるようです。

ただノイズが増えることもないので、大変満足しています。

AIR New Dehliがなんとか聞こえています
3223KHz 0:27-
SINPO 33222

今日は昨日に比べるとガクっとコンディションが
落ちています。残念。
季節の変わり目は、コンディションの移り変わりも
寒暖の差と同様大きいようです。

ANT DX500
RX AR3030

4970KHz AIR shillong 0:00- SINPO 45444
音楽プログラムを聴取しました。
(主に現地の音楽)BGMとして良好にノイズの無い受信が楽しめます。
AR3030でナローフィルターにすることで低ノイズにしており、さらに
1KHzだけ同調をずらし、(私は1KHz上で同調)
ハイファイな音楽が楽しめています。

ANT DX500
RX AR3030

http://bclnikki.wablog.com/16.html

今日は、チャンネルアフリカ(南アフリカ)を聞いてます。
11825KHz SINPO 33333
ANT AMA-10D

ちなみに
DX500では、SINPO 12122
カスカスです。

やはりAMA-10D 同調型大型アンテナの勝利。
ハイバンドでは圧倒的な実力を見せつけてくれます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

次に、アンテナ基部の同調回路、アンプ部分をホットボンドで防水加工します。
またアンテナコネクターには、3.5mmモノラルプラグとRCAコネクターの
変換コネクタと、RCAコネクターからBNC変換コネクターを組み合わせて
通信型ラジオへの接続が出来るようにします。

さて、早速DX500と聞き比べてみましたが、AN-LP1を窓の外に出してみたところ
DX500で4605Khz RRI serui SINPO 34333をAN-LP1に切り替えても、まったくかすり
もしません。聞こえるのはノイズだけです。
DX500で4890KhzのNBC Port Moresby はSINPO 43343でしたが、それも同様です。
DX500の圧勝でした。

AN-LP1をDX500を設置しているベランダに持って行くと(ICF-SW100と接続)
4890KhzのNBC Port Moresby はSINPO 23222ぐらいで聞こえます。
今後、もう少し実験の余地がありそうですが、どうやらDX500の優位性は
揺らぎそうにないです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

極細の透明のスパイラルチューブを巻きつけていきます。
結構綺麗に仕上がります。布よりいいのではないでしょうか。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まずは布を全部取ってしまいます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

AN-LP1は、ソニー製の短波用のループアンテナです。

持ち歩きの際は、折りたたんでコンパクトに出来ます。

使う時は直径約48cmの輪になります。

同調型のループアンテナで、高い受信感度を持ち、磁界
検出型であるため、耐ノイズ性が高いという特性を持って
います。

したがって高層ビルやマンション等のノイズ源の多い
環境でも良好な受信が可能です。

これを野外設置すれば、もしかしたらDX500を上回る
のではないかと考えました。

しかし、本体は布製で、長期間、野外設置できる状態で
はありません。

内部にはコアフィルター部分に、TDK製のクランプコアフィルターが
あり、それに同軸を三回3回巻いているだけです。

ただアンテナ基部には、かなり手の込んだアンプやコイルがあります。

どうも同調はこの部分で何らかの電子的な切替を行って対応しているようです。

ただQはそれほど高くなく、スイッチングだけで対応する同調の方式
のようです。

ただ価格に比してハイテクな感じです。

こんばんわ
今、3976KHzのRRI Pontianakを受信中です。
SINPO 44344
今日はインドネシア方面の受信が良好です。
音楽放送も楽しめます。
今日はカラオケ教室かなんかなんでしょうか。
素人の方が歌ってます。

最近は、DX500をAR3030で聞くようになりました。
こちらのほうが相性がいいようで、ローバンドが静かになりました。
AR3030は、TONEをLOWにしてワッチしていまが、今のところ
了解度も落ちません。
以前、AR3030はローバンドや中波DXに良いと聞いたことがありますが
DX500をAR3030につなぐようになって、非常にワッチが楽しくなりました。

しかし、インドネシアの放送は、昔を感じさせる
朴訥な音楽がいいですね。

今日は、しばらくRRIをこのまま聞いて寝てしまおうと思っています。
それではまた。

イメージ 1

http://bclnikki.wablog.com/15.html
今日は、こんなのを聞いてくつろいでます。(AMA-10D+AR7030plus)
SINPO 45444
22:30-
リグの置き場所を変えました。
目の前で、ダイヤル回すほうが楽ですね。

↑このページのトップヘ