BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2006年10月

イメージ 1

2点の改良を施しました。1点目はアンテナをグラスファイバーポールにより強固に取り付けるようにしました。2点目は、DX500に接続しているアース線(6本)を、DX500への直接接続に変更した点です

短波5.975MHz、6.135MHz 11月下旬に廃止とのことです。
合理化の一環とのこと。
リスナーにとっては小さいときから親しんできた周波数で
その周波数を聴くだけで、ラジオ韓国を想像するほどの周波数
だけに、結構悲しいです。
どこもかしこも短波放送縮小ですが、いいんですかね。インターネット
放送なんてわざわざ聴きませんし、縮小はこりごりです。
もっとべリカードとかも価値のあるものに工夫して作成していただき、
収集の趣味としていただくなりして、またブームにしてほしいですね。

イメージ 1

アンテナをこれまで、家の外に突き出せば、付き出すほどよいと思っていたのですが、

今日、試しに、家に近づけると、かえって受信状態がよくなりました。

おそらく、外に突き出すことで、隣地のノイズフィールドに近づくことで受信状態が

悪化していたものと思います。


家人の評判が良くなったのも良かったです。

イメージ 1

実物を眺めてきました(^-^)/恐ろしくごてごてしています。I社のフラッグシップモデルのほうも視聴したことがありますが、I社のほうが操作性もよく、また中波で強大局の隣接でのキレを聴いて、そのタダモノならぬ静かさと滑らかさに感動しましたので、個人的にはこちらは、あまり気に入りませんでした。またスコープの追従の速さや忠実度もIの方はリアルタイムでしたが、こちらは、I社のフラッグシップモデルより落ちる感じで、ややタイムラグを伴ってスコープに反映されるので、使いにくい感じがしました。まあ買うことはないとはおもいますけど、報告まででした。(Θ_Θ)

http://www.ilg.de/

完全にプロ向けになったようです。どうもHFCCのデータベースを活用して
公開しているのはおかしいということで公開が停止されたのかもしれません。(あくまで想像)

今回のHPはパスワードが無いと入れないので、結局意味がありません。

RRI Jakarta 34343 S-off 23:55

High Bandでも結構楽しめますね。
いい音楽が聞けます。
ハイバンドは、AMA10Dの磁界型
アンテナが使えるので快適です。

23:55 印象的なピアノ曲の
R.Suwa が出てきたので、聞けなくなりました。

9620 10/22 日 3:13 3 5 3 5 4 トーク(French)女 3:25 S-Out 推定 Trans World Radio : South Africa
9630 10/22 日 3:34 3 3 3 3 3 トーク(英語)女 4:00 f-out 有 3:55 BBC : Seychlles

↑このページのトップヘ