BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2007年12月

イメージ 1

イメージ 2

正月は田舎でロングワイヤーを張ろうと思います。
ノイズはそれほど無いとは思いますので、これでも十分かと
思っています。

まずはアンアンを大進無線で購入しました(田舎に直送するように
お願いしました)DBL61Hというものです。

さらに秋葉原にいって、ロングワイヤー用のワイヤーと
ガイシ、引き込み用の3D2Vを買い込みました。

写真は3C2V 15mとアンテナエレメントです。

アンテナエレメント用にはIVというコード(黒)を17m用意しました。

ガイシは、卵型(大型)と、プラスチック(黒)を買いました。

あとはアンアンとの接続用に、圧着端子を買いました。

更に写真の、50cmぐらいの打ち込みやすい銅製アース棒を2本買いました。

全部で5000円近くしました。

これらのアンテナはたぶん田舎(九州)に置いて帰ることになると
思います。

さあ水曜からは田舎です。そちらからインプレッションを
ブログに書き込みますので、ご期待ください。

リグは、ソニーのICF-SW100です。

Voice of Indonesia
クリスマスソング特集ですね。
SINPO 54444
低い周波数からの混信はECSSで逃げて聞いてます。
音楽がいいです。

ノイズの少ない自然の中で、遠距離受信を楽しみたいと思います。
ラジオはソニーのICR-SW100を使う予定です。(パスポートサイズの短波ラジオ)

もちろん、ポール受信やります!!

公園にある旗ポールは、アルミで出来ています。この基部がアースされていなければ、
大体12m近いロングポールだと、ちょうど4倍長の電波の波長に同調しますので、
49mバンド(5730KHzー6295KHz)を良好に聴くことができます。
このポールにポータブルラジオのアンテナを接させると、旗ポールを受信アンテナに
出来るのです。

自宅ではノイズが高くて受信が無理な微弱な夕暮れや未明の南米を聴くことが可能です。

ただ変な人に見られるかもしれないということと、
(公園でポールに張り付いて、必死にヘッドホンを聴いてたたずむ姿を思い浮かべてみて
 ください)寒いのもデメリットです。


影山さんのAUTOPAGE(インターネット上でリアルタイムで受信情報を交換しあうブログ)
を見ながら、自分も受信情報を投稿したり、他の人が受信している放送を狙ったりで、
擬似ぺディ(インターネットの空間で複数の人で受信を楽しむこと)をやりたいと
思います。


また出来ればロングワイヤーのアンテナなども試してみたいと思います。

ノイズが多いとは思うので、例のコトヴェールの巨大ノイズフィルターを使おうと
思います。

Radiodiffusion Nationale Tchadienne
RNT
アフリカのチャドの国営放送

昨夜はパソコンのメンテナンスで4時ぐらいまで、偶然楽しそうなアフリカン音楽を
かけている局を見つけましたので、聴いていたら、今朝影山さんの
ブログで、話題になっているのを見つけてびっくり。

どうも伝説の放送局の復活に偶然立ち会ったみたいです。

パソコンの調子も良くなったので、やったーです。

夜中から朝早くまで聴ける常連局となればいいですね。

台湾国際放送
SINPO55544
PM6時から30分の日本語放送でした。
今日はコンディションも悪いので、まったりと
台湾からの日本語放送を聴いていました。
たまには、基本に返ってこういう日本語放送も
いいですね。音質がすこしこもった感じが
かえって聴きやすかったと思います。
もうすこし長く聴きたいものです。

Radio Habana Cuba
SINPO 44433
音楽が最高です。いい感じですね。
MUF最低でも、これぐらいは聞えるわけです。
まあ、グレーラインの入感ではあるわけですが。
南米の音楽最高です。CDでも探しに行こうかな。

2007年12月16日(日)06時23分40秒  

今起きちゃいました。

昨日からコンディションが悪かったのであきらめてました。
ときどき微かに聞えていると思うときもありますが、厳しいみたいですね。
男性のアナかな? まあ空耳ですよね。おっでも聞えてきたような気も。
変調が浅いなあ。

2007年12月16日(日)06時31分0秒  

音楽が聞えます。
  ロングパスのグレーラインです。
  送信側のアンテナがそっぽを向いてしまう
  6:45までの運命ですが

2007年12月16日(日)06時50分12秒  

6:44 開始の音楽のようなものが聞えてました。

しかしノイズが出てきました。
うーんビームがこっちに向いてくれていたら、もっといいはずなんでしょうけど。

一応30分は聴いたので、受信報告書をこれで書いてみましょう。
MUFが弱いのが災いして、受信状況は昨年より悪かったのですが、サイクル24が
始まったようなので来年に期待して、5ドル同封が必要のようですが10ドルぐらい
ドネーションしておこうと思います。

来年はMUFもあがるはずなので、昨年と同等の受信は期待できると思います。
まあ一番底を知っていたらあとはいいことばかり。

09時37分42秒  

まだまだ聞えます。落ち着く音楽です。
10時までですが、音楽とトークです。
この遅い時間に再度あがってくるなんて、本当面白いですね。



(あて先)
Radio St. Helena
P.O. Box 24
Jamestown
St. Helena Island
STHL 1ZZ
South Atlantic Ocean

すごい感度で入感です。ご機嫌な音楽を聴かせてくれます。
短波は楽しいですね。
SINPO44333

KICY爆裂
すごい強さ。
S9+20db
アラスカからです。
海の向こうは寒いでしょうね。
そんな中から届く音楽は暖かいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

もう12月も半ばになろうとしてます。
大掃除ぐらいは早めにしようと思い、今日は一日シャックの大掃除をしました。

配線がぐちゃぐちゃになっていたので、整理しました。

RF系統は極力DCやAC系統と離すようにしました。
簡単に終わると思っていたのに、結局一日かかりました。
外出もせず一日シャックで配線処理にまみれる日。。。 あー最高!

わがシャックは年越しできそうです。
あとは来年良いDXができることを祈って。

↑このページのトップヘ