BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2009年08月

岩沙さんからご依頼があり、下記ご連絡します。
ご参加頂ける方がおられましたら、コメントのメールアドレスに
ご連絡ください。

> 1.日時:2009年09月26日(土) 17:00-20:00
>
> 2.場所:未定ですが、秋葉原、神田、東京、有楽町、新橋の何れかで実施します。
>      このままだと、第1回、第2回と同じ秋葉原の土風炉になりそうです。
>
>   ※上記開催場所は、遅くとも9月12日までには決定します。
>   確定した段階で、別途ご連絡いたします
>
> 3.参加費用:5,000円程度
>
>   ※飲食代のみです。お酒の飲めない方はソフトドリンクになりますが、
>    それでも料金は同じでお願いします。場所のご連絡を差し上げ、
>    最終確認しますが、それ以降、開催2日前以降のキャンセルはできません。
>    申込期限後のキャンセルの場合は、後日、会費をお振込み頂きます。
>    予約都合もあり、ご了承ください。
>
> 4.参加申込方法:このメールに参加とご返送ください。

このハムフェアーでの収穫は、素晴らしいアンテナのΔLoop7を開発された
影山さんとごあいさつ出来たことです。

短時間でしたが、ごあいさつ出来て大変嬉しかったです。

影山さんからは、私から昔ΔLoop7開発過程で、いくつか質問をぶつけていた
ことを覚えておられて大変恥ずかしかったです。
(当時、私は30cmぐらいのエレメントでも稼働するかという、大変今にして思えば
 恥ずかしい質問をしておりました。今にしてみれば、稼働するけれど性能は落ちるという
 ことが良く分かりますので、当時の影山さんのご回答通りだと思っています)

嬉しかったのは、私が作製したΔLoop7Portableが
今まで見たなかでいちばん、小さいとお褒めいただいたことです。

早速、嬉しさのあまり、もう一冊、ΔLoop7の本を購入してしまいました。(4冊目です!)

さて、そのあと、講演会にも参加し、影山さんの講演では、
いくつか質問をさせていただきました。(ΔLoop7を横置きにして近隣ノイズを避けたり
南米からの低角度で入る電波を受ける方法などについて)

短時間でしたが、ごあいさつが出来てよかったと思っています。
今後とも、ご指導をいただければと思っております。

また京都からいらっしゃった永野さんともお会いできました。
大変面白いペルセウスの講演で、特に私も今まで知らなかったソフト(ログを記録する
ソフト)や、周波数の変更方法に関してなど、大変目から鱗の講演でした。
講演後には、岩沙さん、永野さんとも食事ができて、お仕事の話など
盛りだくさんの話で、盛り上がりました。皆さん同じ年代ということもあり、
考えていることが似ていて、大変面白く感じました。

またプチぺティをしようという話も出て、今後の楽しみになりました。

また前回ぺティさせていただいた宮地さんとも食事が出来、大変楽しい時間が
過ごせました。

今回のハムフェア―は入場券を買ったのですが、結局皆さんとの話や会話で
盛り上がり、購入したのは、ΔLoop7の本と、あと、講演でお話を聞かせていただいた
RistoサンのLA Radio(南米の放送局)という英語の本(内容が英語ですが
なかなか面白く書かれていて、読んでいて楽しかったです。少し古いですが。。。)
だけで、読書の秋に向けて(というよりDXの秋ですね)書物を買い込んだという
次第で、あまり機械類などの購入はいたしませんでした。

今回の感想ですが、やはり、いろいろな方から話を聞くと、勉強になり、BCLの
幅が広がるなあ。ということです。
【当たり前のことなんですが、私のように大分の田舎で学生時代を過ごしたような
人間はBCLの趣味を持っている人もあまり回りにいなかったので】
あと、若い方も結構いらっしゃっていたのですが、やはりノイズの問題について
皆さん深刻に考えているようで、これがBCLをさらに楽しむための障害になって
いるようだと感じました。

Ristoさんからは、講演で1kmにもわたる、ロングワイヤーアンテナを方向別に
張って、日本にも向けている、それで中波を聞いているんだという話を聞き、
参考に彼が受信した音を聞かせてもらったのですが、それは琉球放送だったのですが
本土でも結構難局なのですが、まるでローカルのようにクリアに聞こえていて
会場から、おーというどよめきとため息が漏れ、本当にノイズの無いところであれば
いろいろ聞けるのだなあと感じた次第です。

ΔLoop8では、さらに新しい取り組みとして、ノイズを低減する技術を開発しようと
されているそうですが、早くリリースされないかと楽しみにまっております。
(そのためにももう一台ΔLoop7を用意しておかないと、、、あ、本の在庫がないかも、、)

いろいろと他にも沢山お話したいことがあるのですが、今回のハムフェア―は私にとっては
人との出会いだったと思います。また来年を楽しみにして、一年BCLに励みたいと思いますので
皆様何とぞよろしくお願いします。

イメージ 1

今年も参加します。今日皆さんに会えたら嬉しいですね。

イメージ 1

ゆっくり受信を楽しんでます。夕焼け空がグレーラインになって南米局を呼びかけているみたいです。明日東京に帰ります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

あ~よだき~

大分駅まで山越えです。しかもママちゃりです。

高崎山まで、、、

高校時代の思い出の道です。こんな田舎ですが、山が綺麗で、懐かしいです。

風が心地よく、山を吹き抜けていきます。

好きな子が居た町も、遊びぬけた山道も、すべて思い出の中ですが

風の香りは今でも同じに感じます。

もう何十年前のことですが。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

これで 大分駅から おさるの湯 まで 来ました。エコです。

イメージ 1

これは最高です。裏側の高崎山から吹き下ろす風が最高です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

机張原から先に進み高崎山の麓まで行くと おさるの湯が有ります。300円と大変安く 露天風呂からの景色も良く、ゆっくり出来ます。最高です。

山登りを自転車でしたあと、汗を流すと、山から吹き下ろす思いもよらない涼しい風に
心も休まります。

自然に包まれて、やわらかい湯を楽しみます。

風が緑色の香りを乗せて、この谷を駆け抜けていきます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

高崎山です。大分市の机張原は風景が美しく好きな場所です。

古い昔に由布山が出来たときに流れ出た溶岩が固まってできた台地です。

この台地を超えると、あの有名な別府や湯布院があります。

あまり知られていないスポットですけど、ここからは九重連山や由布山、天気がいいと

阿蘇山系までが見えて、九州の真ん中を感じられる場所です。しかも大分市街が

すぐ近くで、海も見えます。

すこしイタリアを感じる、乾いた風が素晴らしく、また景色も大変美しいです。

以前高速道路が出来るまでは、ほとんど人影もない、さびしい場所でしたが

美しい自然がありました。

今では高速道路が開通し、都市化が進んでしまい、昔の面影はあまり無くなりましたが

今でもところどころに、旧道が残されており、その旧道を自転車で通っていると

もう何十年も前の学生時代を思い出します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

高校の時の剣道部のOB会で大分市に来ました。懐かしい中学の友達とも会え大変楽しい旅になりました。今日福岡の実家に戻ります。

↑このページのトップヘ