BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2012年09月

私はΔLoop10のエレメントの2辺にロッドアンテナを使っていますが
このところ感度が極端に落ちたり不安定になっていたため、原因を探っていたところ
どうもロッドアンテナの先端部分が接触不良になっていたことが原因と分かりました。
(伸ばしたときに接続部が緩くなっていて若干グラついていた)
風に揺られて接続が良くなったり悪くなったりすることが原因だったようです。

最初はアンプ部の不具合かと思って調べていたのですが、たまたまロッドアンテナを
触ったところ感度が戻ったので分かりました
イメージ 1
このロッドアンテナは一本1500円します。(ステンレス製)
2辺なので取り替えに3000円かかりました。

取り替えた後は感度も問題無く、良好に受信出来るようになりました。

しかしどうして先端部分の接触が悪くなったのかが分かりません。
雨が原因でしょうか。今後も同様のことが起きないか不安です。
やはりアルミ製のロッドアンテナの方がいいのでしょうか。

以前ΔLoop7でも感度が不安定になったりしていたことがあったのですが
どうも機械の問題ではなくロッドアンテナの問題が原因だったかも知れません。
ずいぶんと遠回りさせられました。

イメージ 2


今日は先日のペディで不調だったフラグアンテナの不具合が再現するかチェックの
為近くの公園に行き、テストしてきました。

イメージ 1
イメージ 2

いつもの通りにセットしてペルセウスを立ち上げてみましたが、バンド中にノイズの山があり
ノイズフロアも高く、ゲインも低い結果となっておりました。
どうもフラグアンテナのアンプ部が壊れてしまったようです。
試しにターミネーター部をショートして通常のループアンテナにしてみたところ
ALAと同じような受信状況になったので、おそらくアンプ部に組み込んだトランス部に
異常が生じていると思われます。
アンプ部は中を開けて修理することが出来ません。
イギリスのWellbrook社に問い合わせてFLG100のアンプ部だけ販売してくれるか交渉しようと思います。

↑このページのトップヘ