BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2014年02月

私のR-1000には次のフィルターが装着されていました。


SSBナロー
CFJ455K4 3kHz(Total 6dB)  5kHz(Total  60dB)
イメージ 1

AMナロー(SSBワイド)
CFR455H3  ±3kHz (6dB) ±7.5kHz(70dB)

イメージ 2

AMワイド
CFW455F ±6kHz(6dB) ±12.5kHz(50dB)

上の写真の手前です。

フィルターが良いことがR-1000の音質の良さに繋がっています。


今朝はコンディションはまあまあでした。
R.Martiが一時ローカル並に聞こえていたことやELWAの信号が
かなり強めにペルセウス上で見えていた(音にはなりませんでした)
こと等、なかなか楽しめました。
ELWAはほんの数分間をピークとした短い入感でした。(7時~7時10分台)

今日の受信記録です。

  ※一部局名 ID取れておらず推定です。受信日・時間・設備・周辺環境により受信可能局は変動します。
    < Tokyo  RX  :Perseus    ANT :ΔLoop10 >
           
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
JST kHz   Station SINPO    Language Comment
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
5:08 6055kHz   R.Rwanda    23232      Kinyarwanda ノイジーで混信もあります。信号も弱めです。
           
5:11 11735kHz   Zanzibar Broadcasting Co.   35333      Swa 良好です。アフリカ調の音楽です。
           
5:13 9575kHz   Radio Medi Un   35322      French&Arabic ややフェージングが大き目です。音楽番組。
           
5:15 9480kHz   VOA via Pinheira    25332      French 音楽番組です。少し弱めです。
           
5:16 9815kHz VOA-Botswana     35333      French ボツワナ送信のVOAが聞こえています。9480kHzとパラです。
           
5:21 11800kHz DW via Rwanda   25332      English 少し弱めです。男性トーク。
           
5:27 11810kHz BBC Ascension   35333      English クリアで良好に入っています。ただ何か変な音が乗っています。
           
5:32 11885kHz VOA Sao Tome and Principe   35333      Hausa ハウサ語プログラムが良好です。
           
5:34 9689.93kHz Voice of Nigeria   25232      Hausa 少し弱めです。男性トーク。
           
5:41 11625kHz Vatican Radio   25232      French 弱めですがかろうじて音になっています。
           
5:45 9545kHz SIBC   25332      English 女性トークの後、音楽です。
           
5:47 11755kHz AWR via Issoudun   25332      Yoruba 南アフリカ送信の説教番組が聞こえています。
           
5:51 9420kHz Voice of Greece   35333      Greek ギリシア語番組 男性トークです。比較的良好です。
           
6:00 9915kHz BBC Ascension    35333      English 11810kHzとパラです。こちらの方がこちらでは強めです。 ニュース番組です。
           
6:08 9835kHz RTM Sarawak FM   25332      Mal 音楽番組です。少し弱めです。
           
6:11 9815kHz VOA via Pinheira   23222      French Sao Tome and Pr?ncipe 送信のVOA フランス語番組です。9820kHzからの混信があります。
           
6:15 9790kHz Radio France International   25332      French Issoudun送信のフランス語番組です。今の時間、かなり弱めです。
           
6:18 9425kHz AIR Bengaluru   35333      Hindi 音楽番組です。フェージングがありますが確りしています。
           
6:34 11930kHz Radio Marti    45433      Spanish アメリカ Greenville送信のスペイン語放送が急速に強くなってきています。
           
6:36 11780kHz R.Nacional da Amazonia   25332      Portuguese こちらも先ほどから強くなってきました。
           
6:44 9530kHz FEBA Radio  via Ascension    35333      Pul いつもの音楽で放送が始まりました。良好です。
           
6:47 9610kHz Voice of Turkey   35333      English ややフェージングが大き目です。女性トーク。
           
6:51 11770kHz Voice of Nigeria    25332      Arabic ノイジーですが変調が確りしています。男性2人のトーク。
           
6:59 15345kHz Radio Argentina Exterior   25422      German 小刻みなフェージングを伴いながら少しづつ音になりつつあります。
           
7:03 9350kHz WWCR Nashville     25332      English 次第に強くなってきています。
           
7:07 9565kHz Radio Marti from Greenville   35333      Spanish この時間は11930kHzよりこちらが強いです。
           
7:10 9955kHz WRMI(The Overcomer Ministry)   22222      English 下側にあるノイズのような妨害波の混信があります。9930kHz の方は当方では無感です。
           
7:15 4760kHz Radio ELWA?(推定)   25331      English 変調が浅いようで、信号は確りしているのですが、音になりません。(周波数表からの推定です)
           
7:18 11840kHz R.Habana Cuba   35333      Spanish 次第に強くなってきました。ローカルノイズがありますが概ね良好です。
           
7:23 11925.03kHz Radio Bandeirantes   25322      Portuguese フェージングがありますが音になってきています。
           
7:26 15525kHz HCJB Australia   45433      Japanese いつもの音楽で放送が始まりました。良好です。
           

なんと、悲しいことでしょうか。

先日ラジオセンターに行った際、通りかかった
旧ラジオストア跡が、フィギュアの店に成っていました。
店がピンク色等の浮ついた系統の色で飾られていました。
イメージ 1

ラジオセンターの雰囲気とそぐわない浮ついた感じで
違和感を感じました。

これからフィギュアを求める人達が集まると考えると昔の姿を知っている身としては悲しくなります。

閉鎖されて再開発されるという話だったかと思うのですがどうなっているのでしょうかね。

こちらの方が繁盛してしまうと、ラジオセンターの行く末にも影響しないかと
心配です。

今度届くフィルターはサイズも足も異なります。
フィルターの実装をどうするか考えて次のようにしました。

基板にフィルターが配置されていたところの基板の穴に
ETFF線を通します。
イメージ 1
半田付けをします。(当たり前ですね)
イメージ 2
最後完成したフィルター取り付けベイです。
イメージ 3

高さもぴったりです。大きさも余裕があります。かっこいいでしょ。
暫定的に4共振子のセラミックフィルター(4.5kHz 6dB)を取り付けています。
オーバースペックのリグにわざわざフィルターベイを作って
その上に1000円のフィルターが乗っかっているのが笑えますが。

19日に6共振子のセラミックフィルター(2kHz 6dB)が届きますので
新しいフィルターが届いたら、上のフィルターを取り外して、ETFF線を
半田付けすれば完成です。

これでフィルターを取り換えたい時に、いちいち基板の半田吸い取りをしなくても
済みますので、基板を痛めることが無くなりますので、作って良かったと
思います。

将来的には11共振子のCFJ455K5とか、付けてみたいですね。
そんな意味も込めて作ったフィルターベイでした。


追伸
そんなことを言っていたら、CFL455Hという3kHz(6dB)の9共振子の
フィルターを500円で落札出来ました。
こちらを使うことになると思います。

今朝はブログのハンドルネームをm(  )mからエムエムに変えて運用しました。
もともと呼称はエムエムだったのですが、知らない人にはわかりにくいので
表記を呼称に統一しました。

さて今朝のログです。
総じて低調でしたがそれなりに楽しめました。しかしELWA取れないのは
悔しいです。



  ※一部局名 ID取れておらず推定です。受信日・時間・設備・周辺環境により受信可能局は変動します。
    < Tokyo  RX  :Perseus    ANT :ΔLoop10 >
           
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
JST kHz   Station SINPO    Language Comment
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
6:28 11770kHz   Voice of Nigeria   25332      Arabic 良く聞こえています。男性トークが続いています。
           
6:30 9545kHz   SIBC   35333      English いい感じの音楽番組です。信号も良好です。
           
6:32 9575kHz   R.Medi Un   35333      French 今日は混信も無く良好です。
           
6:33 9610kHz   Voice of Turkey   35333      English 少しハム音がしますが、英語放送が良好です。
           
6:39 5915kHz ZNBC   25322      Vernaculars ザンビア送信 男性トークです。
           
6:44 9530kHz FEBA Radio  via Ascension    35333      Pul 6時44分から、いつもの民族音楽で開始しました。良好です。
           
6:49 9915kHz BBC Ascension    35333      English 11810kHzとパラ  11810kHzのほうが圧倒的に強いです。SINPO=45444
           
7:02 11880kHz Radio Habana Cuba    25332      Portuguese こちらも確り聞こえています。
           
7:08 13830kHz WEWN Birmingham   25332      Spanish 12050kHzのパラの方は聞こえていません。こちらは良好です。
           
7:21 15345kHz Radio Argentina Exterior    35333      Spanish クリアに入っています。今BGMと男性トークです。
           
7:31 13830kHz WEWN Birmingham   25222      Spanish だいぶ弱くなってしまいましたがまだ聞こえています。
           
7:52 11820kHz R.Riyadh   25222      Arabic コーランが聞こえております。ちょっと落ちてきました。
           

夕方         

           
18:08 6180kHz R.Nacional da Amazonia   22332      Portuguese 下側の被りが結構ありますがUSBで男性トークが聞こえています。
           
18:12 9545kHz SIBC   35333      English いい感じの音楽番組です。信号も良好です。
           
18:15 11735kHz Radio Trans Mundial   35333      Portuguese いやー良好です。音楽番組です。
           
18:20 12015kHz R.Japan via Ascension   33333      Japanese 上側にビートの混信があります。やや弱めです。
           
18:24 5935kHz WWCR Nashville   35232      English ノイジーですが説教が聞こえています。

今日からBBSで使用していたm( )mはエムエムに表記変更しました。
呼称自体は今までと変わりません。
今後ともよろしくお願いします。
2014年2月11日

前回±4.5kHz(6dB) のフィルターにしたのですが、帯域が
広過ぎたので、±3kHz(6dB)のフィルターを注文しました。
現行品で該当がありました。
(CFULA455KH1A-B0)

これに付け変えることにします。(一番下のフィルターです)<結局キャンセル
イメージ 1
今回はチップワンストップから購入しました。<結局キャンセル
送料込で1,000円弱でした。
届くのはまだ5日先です。楽しみです。

しかしこれら共振子が4つのフィルターはキレがあまり良くないのではないかと思います。
本当は下記の共振子が6つのフィルターにしたいのですが、実装が厳しいです。
工夫すればなんとかなるかもしれませんが。

フィルター地獄に落ちそうです。
イメージ 2

CFWLA455KHFA-B0 も注文してしまいました。<結局キャンセル
実装が出来ればこちらにしたいと思います。

追伸
スカート特性があまり良くないようですので、もう少し狭い帯域でも
いいかもしれないと思い、CFWLA455KJFA-B0を注文しました。

フィルター地獄にハマりました。

今朝はコンディションが今一で北米、南米もあまり聞こえない
状況でした。ただザンビアのZNBCが比較的良好に聞こえていました。
RAE等も良好でした。

  ※一部局名 ID取れておらず推定です。受信日・時間・設備・周辺環境により受信可能局は変動します。
    < Tokyo  RX  :Perseus    ANT :ΔLoop10 >
           
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
JST kHz   Station SINPO    Language Comment
----- ---------- ----------------------------------- ------ -------- -------------------------
5:41 6055kHz   R.Rwanda    25332      Kinyarwanda 少し混信がありますが概ね良好です。
           
5:47 4930kHz   VOA-Botwana     25222      English かろうじて音になっています。
           
6:01 5915kHz   ZNBC   25332      Vernaculars 音楽番組のようです。弱めですが聞こえています。
           
6:02 9835kHz   RTM Sarawak FM   23332      Mal 混信がありますが音楽番組が聞こえています。今日はコーランではないようです。
           
6:20 11800kHz DW via Kigali, Rwanda   45444      English とても強いですね。
           
6:25 9610kHz Voice of Turkey   35333      English エキゾチックな音楽が流れています。
           
6:34 11810kHz BBC Ascension   35333      English 9915kHzとパラ。どちらとも同じ強さで入っています。
           
6:36 9530kHz FEBA Radio  via Ascension    35333      Pul 良好です。信号もしっかりしています。
           
7:11 9610kHz Voice of Turkey   35333      English 良好です。ニュース番組のようです。
           
7:12 15345kHz Radio Argentina Exterior   35333      German 良好です。
           
7:20 9870kHz R.Riyadh   43333      Arabic 上側からの被りがありますが、良好です。
           
7:20 15180kHz WHRI Cypress Creek   35333      English 確りしています。
           
7:24 13830kHz WEWN Birmingham   35333      Spanish 今日は少し弱めです。
           
7:24 15525kHz HCJB Australia   45444      Japanese 開始音楽と英語・中国語SA。良好です。

昨夜フィルターが届きさっそく換装しました。
フィルターは純正の白いフィルターではなく黒いフィルターになりました。
イメージ 1
早速取り付けた後、受信をしてみました。
結果ですが、純正に比べると帯域が狭くなった感じがするという程度で
あまり変化がありませんでした。
もう少し狭い帯域のフィルターが良いようです。

音はいいのですが、求めていた特性と違うのでもう少し狭い帯域の
フィルターを探すことにします。


JST-135は次のような455kHzフィルター設定になっています。

AM
 ワイド:フィルター無し INTER:セラフィル ナロー:メカニカルフィルター

SSB
 ワイド:メカニカルフィルター ナロー:オプションフィルター

今回メカニカルフィルターのメンテナンスをしました。
しかしセラフィルの特性が今一気に入りません。
LF-B6というセラフィルなのですが、帯域が±6kHz(6dB)もありますので
混信の影響を受けやすくなっています。

これを±4.5kHz(6dB)まで改善させようと思います。
これを実現する代替品は村田のCFU455G2というセラフィルです。
(現行モデルはCFULA455KG1A-B0です。 
このカタログによると
4枚のセラミック共振子を梯子形に接続した樹脂ケースタイプの
高選択度形セラミックフィルタです。簡易形トランシーバのフィルタと
して、あるいは高級トランシーバの補助フィルタとしておすすめします。

とのことでしたので、それなりに良い性能のようです。
AMを受信するためのINTERフィルターとしては適していると思います。

イメージ 2

外形やピン配置はLF-B6と同じなので、取り換えも楽です。

イメージ 3

キノサンという商社でCFU455G2を取り扱っているようでしたので
早速オーダーしました。(送料込で1000円弱でした。)

古いセラフィルは早々に取り外しました。
イメージ 1
フィルター、この週末に届くといいのですが。
どんな風にAMモード(INTER)がアップグレードするのか早く試したいです。
楽しみです。

続く

↑このページのトップヘ