BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

2015年12月

RF-2600のCALがずれてきて、ついに一番左にしないと周波数校正が
出来なくなりました。
SW CALを12時の位置にすると10kHz以上上の表示になります。
(ラジオ日経 3925kHzから3935kHzで受信)

SW-CALの調整方法が無いかネットを探したところ、RF-2600の前身
機種である、RF-2800のSW-CAL調整に成功された方の情報がありました。
独自に研究された成果が惜しみなく開示されています。


その方の情報によると SW 2nd OSCのトリマーが周波数校正に
関係しているとのことでした。


イメージ 8
RF-2800は調整が裏ぶたを開ければすぐ出来るので、苦労しないのですが
RF-2600は裏ぶたを外しても調整面が出ず、一回基板をひっくりかえす
必要があります。(これが結構大変です)

さて、このRF-2800の10番にあたるトリマーは何だろう?

RF-2600のサービスマニュアルをネットで入手し、確認しました。
セカンドオシレーターが関係していると書いているので、その
関係のトリマーが無いか、サービスマニュアルを探しました。
イメージ 1

どうも、この下側にあるSW 2ndL OSC(L17)が該当するトリマーのようです。
これを調整することにします。

RF-2600の分解方法は下記の方のサイトを参考にしました。ネジの
取り外し方等が懇切丁寧に記載されています。


まずは基板を引き出す必要があります。
シャーシからネジを上記サイトを参考に外して慎重に基盤を取り出します。
イメージ 2
まず、チューニングノブ、ボリューム等を取り外します。

イメージ 3
ラジオ裏面の基板のネジや、スピーカーコード、アンテナコード、其の他コードを
外していきます。(上記サイトの情報が無いと、外すのは難しいと思います)
私の持っている機種は、スピーカーコード等が半田づけされていないタイプだったの
で比較的外すのが楽でした。

イメージ 4
イメージ 9

基板を引き出すと、表側の基板が出てきます。
周波数カウンターがぶらぶら状態なので、落下、断線に気を付けてください。
あと、電源は電池を使っています。シャーシ内の電源コードが結構短いので
注意が必要です。またアンテナ線にアンテナを繋がないと調整出来ないので、
ワニ口クリップ等でアンテナ線に接続しておく必要があります。
イメージ 5
上記写真の真ん中がL17のトリマーです。
SW-CALを真ん中にして、強大局(例えばラジオ日経 3925kHz)を聴きなが
ら、これを調整用のねじ回しできわめて微妙に動かすと、あら不思議 きちんと聴けるようになりました。(ちなみにスピーカー端子は外していますのでヘッドホン
で聴きながら、同調させます。同調独特のシュワ―という音の変化でゼロイン調整
する必要がありますので、耳が慣れていないと難しいと思います)

私の機種はなぜかSW-CALが次第に左にずれていく傾向がありましたので、
思い切り右側に合わせて調整しておきました。これでしばらくはSW-CALで
調整出来るはずです。
(そもそもなぜ、SW-CALが大きくずれていくのかが分からないのが残念)

イメージ 6
SW-CALが3時の位置できちんと同調するようにセットしておきました。
(注意:通常は12時の位置で調整してください。私のはSW-CALが左に
ずれていく機種なので、時間稼ぎのため、あえて3時にしています)

イメージ 7
調整が終了しました。
SWCAL3時の位置で正しく受信出来るようになりました。
これで気持ち良く受信出来るようになります。
SW-CALが次第にずれていくことに変わりは無いと思いますが、これで
まあ1か月位は受信が楽しめると思います。
感度もなぜか良くなった気がします。

今回はネット情報に助けられて、念願の周波数校正が出来るようになりました。
やはり自分で直すことが出来ると、愛着が増しますね、
このラジオは、私がBCLを始めたときの最初のラジオなので、大切に
使っていきたいと思います。

ネット情報を開示されている方、ありがとうございました。

しかしSW-CALが次第に左にずれてくるのは一体なぜなのでしょう。
根本的なところがまだ解決していないので、気持ちは悪いです。
どこかの部品の特性が変わってきているのでしょう。

昨日(12月6日)神奈川県の塔ノ岳、丹沢山に行ってきました。

朝7時、大倉バス停から登山を開始しました。

塔ノ岳(1491m)には10時過ぎに着き、ここでしばらく富士山の撮影等を楽しみました。天気も良く、青空に映えた富士山を楽しむことが出来ました。
イメージ 1

その後、丹沢山(1567m)へ。そこからさらに不動ノ峰(1614m)に、アップダウンを楽しみながら縦走しました。

途中の休憩所ではアマチュア無線を楽しみ、日光の移動局と交信が出来ました。

そこから更に鬼ケ岩へ。しかし既に14:30を回っており、天候もガスが出てきていたので、蛭ケ岳の登頂は断念しました。
イメージ 2

戻る途中、塔ノ岳で日没となり、辺りは真っ暗になりましたが、持参していたサバイバルライトが煌々と路面を照らし、難なく帰路に着くことが出来ました。

19時に大倉公園に到着。

19:08のバスで渋沢駅へ。12時間の山行で疲れました。しかし丹沢はさすが百名山。良い山だと思いました。

今日は、西口さん、はやぶささんと、東扇島東公園でペディションを行ってきました。今日は幸いそれほど風も無く絶好のペディション日和でした。夕方から受信を開始しましたが早速南米局がたくさん網にかかってきて、そのまま夕方6時頃まで楽しむことが出来ました。帰りははやぶささんの車に乗せてもらい快適に川崎駅に帰りました。年末の野外受信会聞き納めには最適なペディションになりました。東京近辺の方とも受信会が出来ればいいですね。今日の受信結果を記載します。
----- ---------- -------------------------- ------ --------
JST kHz   Station SINPO    Language
----- ---------- -------------------------- ------ --------
15:50 11815kHz   R.Brasil Central   25332      Portuguese
         
15:54 5040kHz   R.Habana Cuba   33433      English
         
16:02 5965kHz   R.Transmundial   35333      Portuguese
         
16:07 9819.244kHz   R.9 de Julho   35333      Portuguese
         
16:13 11764.7kHz Super R. Deus e Amor   32332      Portuguese
         
16:15 11700kHz R.France   45444      French
         
16:17 11856.23kHz R.Aparecida   33333      Portuguese
         
16:22 9724.97kHz R.RB2   32333      Portuguese
         
16:24 11770kHz BBC via Ascension   45444      English
         
16:27 5025kHz R.Rebelde   45444      Spanish
         
16:29 5085kHz WYWW The Obercomer Minist   35333      English
         
16:32 7515kHz WETN(WEWN)   35333      English
         
16:34 15200kHz R.Romania Int.    45444      Arabian
         
16:38 5980kHz Radio MARTI   22332      Spanish
         
16:40 15530kHz DW via France     45444      English
         
16:43 5857.5kHz 気象通報   45444      Jaoanese
         
16:45 9575kHz Radio Medi Un   35443      French
         
16:50 6040kHz R.RB2   32332      Portuguese
         
16:53 11725kHz RNZI   55544      English
         
16:56 4824.9kHz R,Cancao Nova   25232      Portuguese
         
17:05 5020kHz Solomon Islands B.C.   35333      English
         
17:07 4915kHz R.Daqui   25222      Portuguese
         
17:10 4824.95kHz R.Cancao Nova   25222      Portuguese
         
17:13 4985kHz R.Brasil Central   25322      Portuguese
         
17:19 4885kHz Radio Maria   25222      Portuguese
         
17:22 5935kHz WWCR Nashville   35232      English
         
17:32 4835kHz ABC Alice Springs     35232      English
         
17:35 630kHz KUAM   45333      English
         
17:39 4869.92kHz RRI Wamena   35232      Indonesian
         
17:43 4864.99kHz R.Alvorada   25222      Portuguese
         
17:46 7515kHz EWTN   35333      Spanish
         
17:48 9765kHz Radio New Zealand Int'l    55555      English
         
17:52 6134.83kHz Radio Santa Cruz   22222      Spanish
         
17:53 7570kHz TOM via WRMI   33333      English
         
18:02 4910kHz ABC   35333      English

イメージ 1

↑このページのトップヘ