BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★+DX500

イメージ 1

DX500は、ΔLoop7の設置に伴い、撤収することとなりました。
中波で欧州を聴けたり、結構高い性能がありました。
アース線強化など、楽しませてもくれました。
夜遅くまで角度調整をしたり、思いでがいっぱいです。
いままで有難う。DX500。

イメージ 1

2点の改良を施しました。1点目はアンテナをグラスファイバーポールにより強固に取り付けるようにしました。2点目は、DX500に接続しているアース線(6本)を、DX500への直接接続に変更した点です

イメージ 1

アンテナをこれまで、家の外に突き出せば、付き出すほどよいと思っていたのですが、

今日、試しに、家に近づけると、かえって受信状態がよくなりました。

おそらく、外に突き出すことで、隣地のノイズフィールドに近づくことで受信状態が

悪化していたものと思います。


家人の評判が良くなったのも良かったです。

イメージ 1

取りつけ金具へ取り付けたアースは6本に増えています。
アース線はかなり太く重いものです。

イメージ 1

イメージ 2

嗚呼、遂に、アースの複々々線化に着手してしまいました。

(どこまで、増やすのだろう)

これで夜、灯台放送を聞くのが楽しみです。(昨夜3本のアースでも大変良好な受信でしたので)

写真は、アンテナ基部のアース取りつけ部分、およびアースの建物への接続方法です。

できるだけ建物の鉄筋に容量結合をするように這わせています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

アップグレード DX500 by RF-Systems

アースワイヤーの複々線化を着手しました。

設置を変更しました。

(理由)

1.ハイバンドの感度が悪いこと

2.美観上の問題

3.アースの効率向上

4.ピックアップコイルの形状変更


コメント

1.VOZ CRISTINA がかすりもし無いので、垂直設置にするとハイバンドの
  感度が良くなるという経験則に従い、設置を垂直にしました。
  (その代わり、ローバンド、中波の感度は低下することが想定されました)

2・4.ピックアップ用のループ部が、下の階から見える可能性があり、
  ピックアップ部を小さくする必要があり、小型化しました。
  
3.アース線の設置を、基部ではなく、アンテナと金具の取り付け金具に
  近いところに変更しました。

結果

 ローバンド・AM:感度はほとんど低下せず、逆にフロアノイズが若干減りました。
 ハイバンド:感度は若干向上し、フロアノイズが若干減りました。
 美観:若干改善しました。

イメージ 1

これでやってみます。

アースは、アンテナ取り付けの金具のところに、一つのビスをかませ

さらにそのビスの穴に5cmのU字金具とビスでアース線を取り付け、

さらに反対側に、ピックアップコイルを固定(タイアップバンドを利用)

しています。これにより、アンテナ基部を下から見たときの中心に

ピックアップコイルの中心部が重なるようにしており、またアンテナ

基部からのピックアップコイルの距離が安定するようにしています。

イメージ 1

これでいいか

イメージ 1

やっぱ、これぐらいしないとダメかな。

↑このページのトップヘ