BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 雑記

消費税の引き上げ前にエアコンと洗濯機を買い換えました。
エアコンは10年以上、洗濯機は17年使いました。
どちらもインバーターノイズもあまり無く快適でした。
新しいエアコンも洗濯機も幸いインバーターノイズもあまり無く
助かりました。新しい白物を買うときはインバーターノイズが
不安でどうしても買い換えに慎重になりますね。

古いエアコン
イメージ 1
10年以上良く頑張ってくれました。

古い洗濯機
イメージ 2
17年も良く頑張ってくれました。

ラジオストアが最後の日を迎えました。
昼過ぎに秋葉原に行き、総武線高架下の古い通路にある
ラジオストアに出向きました。
イメージ 4

今日は最後の日ということもあり、非常に多くの人が
訪れていました。
パーツ類も処分価格で売り出されていました。
私は圧着端子等をいつもこちらのストアミズタニ
(富士端子工業 代理店)で買っていて、ここで圧着端子の
ほとんどの種類が入手出来ていたのですが、今後ここで
買えなくなると非常に困ってしまいます。
通販もあるのでしょうが、やはり目の前で現物を見て買う
ほうが安心感があるし、すぐに入手できるということの方が
自作の上で必要だったりもします。
今日は普段の2~3割と安くなっていたこともあり、今後
必要になる分を大量に購入しておきました。

これで当たり前に付き合ってきたので、もう閉店して
しまうということが信じられません。
秋葉原のシンボルの一つだったと思いますが、やはり
老朽化がひどくなって耐震性なども問題になって
閉店はいたしかたなかったのでしょうね。
オーナーの方も高齢化して、いつまでも維持できなくなって
いたのだと思います。
64年間の長い歴史の中で多くの方が訪れたであろう店舗とも
お別れです。

本当にこれまで長い間お世話になりました。
日本の古き秋葉原を体現した、伝統ある、そして
懐かしい店舗達でした。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

秋葉原といえば、総武線高架下のパーツ店です。

秋葉原ラジオストアーが閉店することになったそうです。
東京近隣のBCLのみなさんも行ったことがあるのではないでしょうか?

イメージ 1
え^- 本当に。と聞いたとき思いました。
古き秋葉原らしい場所がまた一つ消えてしまいます。

好きな場所がまた減ってしまいます。
パーツ店がどんどん減ってしまって不便になります。

11月30日までは営業をしているそうです。
来週土曜が最後ですね。
最後の日、是非行ってみたいと思います。


http://lcwo.net/courseintro


テキストを入力して電信で流せる
The presence of the mast has only a small effect on the Flag.  Thiseffect was corrected by increasing the termination resistance value from950 ohms to 965 ohms.  The Flag still looked good from 1.8 to 7.5 mHz.
練習用
aaaaaaaaaa bbbbbbbbbb cccccccccc dddddddddd eeeeeeeeee ffffffffff gggggggggg hhhhhhhhhh iiiiiiiiii jjjjjjjjjj kkkkkkkkkk llllllllll mmmmmmmmmm nnnnnnnnnn oooooooooo pppppppppp qqqqqqqqqq rrrrrrrrrr ssssssssss tttttttttt uuuuuuuuuu vvvvvvvvvv wwwwwwwwww xxxxxxxxxx yyyyyyyyyy zzzzzzzzzz 1111111111 2222222222 3333333333 4444444444 5555555555 6666666666 7777777777 88888888888 999999999999 00000000000 .......... ,,,,,,,,,,  ??????????

今日は富岡八幡宮(江戸最大の八幡さま)の骨董市(日曜開催)に朝から行ってきました。
BCLラジオが出ていないかなと思われるかもしれませんが、残念ながらそっち系ではありません。
江戸・明治時代ごろの骨董が半分ぐらい、あとは昭和時代のレコード等それほど古くない物でした。

今日一番気になったのは丁銀(江戸時代の銀貨 鋳造銀貨)でした。
気に入った形のいい丁銀が一つあったのですが、値札が無く、高そうだったので眺めるだけでした。

全部で100店舗ほど店が出ていて、それぞれに個性的な店で、全部を見て回るだけで
結構時間がかかり歩き回ったので腹が減り、昼は月島でもんじゃ焼を食べました。こちらもなかなか
良かったです。麦という店に行きましたがプレーンのもんじゃ焼が安くて旨かったです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

今日スカイツリーを登ってきました。
1時間ぐらい並びました。あそこからVHF、UHFの無線機を使って電波を飛ばしたら相当遠くまで届くでしょうね。

しかし無線機は持ち込み禁止になっていました。やはり同じことを考えるハムの人がいるのでしょうね。
350メーターからの景色が綺麗でした。
450メーターまで登ろうと思っていたのですが、十分景色を堪能出来たので
登らず、帰ってきました。

朝は曇天でしたが、幸い晴れてきたので良かった。

景色です。真中が東京タワーです。
イメージ 1

新宿方面です。真中にすこし霞んで見えるのが都庁です。
イメージ 2

真下に見える金色の建物がアサヒビールの本社です。
イメージ 3

今日はHCJBの尾崎一夫先生を囲む放送開始50周年のお祝い会に行ってきました。

地下にある大ホールに15分前に着いたところ既に40人以上のBCLや関係者の方々が
集まっていて、HCJBの歴史をたどるVTRが映写されていました。
午後3時から、尾崎先生の50年に亘るお仕事を振り返る会がj始まりました。

最初に素晴らしいアンサンブルの響きに包まれ、日曜放送の峯野牧師からの
祝辞(VTR)の後、尾崎先生のご挨拶(HCJBの50年のあゆみを短い間に端的に
まとめられていました)がありました。
(事前に5分でと言われていたのですが本当に5分ぴったり、さすがにプロだと思いました)
イメージ 1

その後、ベドウ路得子さんの美しい歌の披露があり、尾崎先生を支えてこられた旧友の方、
関係者の方からのお祝いの言葉、そしてBCLerを代表して大武さんのお祝いの言葉がありました。

(尾崎先生は毛利宇宙飛行士と会われた時に尾崎さんとの2ショットの写真を取り損ねていらっしゃった
そうですが、大武さんが毛利宇宙飛行士と掛け合って、その時の写真と、尾崎先生へのメッセージが書かれた毛利さんのアンデスについて書かれた本を尾崎先生に贈られました。それらの本を受け取り尾崎先生は喜んで
おられました)

さらに(珍?腹話術 )漫才あり、多くの方々が尾崎先生にいろいろな形で祝辞を送られ、
大変素晴らしい会になりました。
みなさんの祝辞の言葉などが長くなり閉会は予定時間の17時を超過して18時近くになりました。

尾崎先生いつまでもお元気で。
HCJB日本語放送が長く続きますように。

5月18日のHCJB日本語放送によると
5月26日  午後3時からHCJB日本語放送 50周年の集いが尾崎先生を囲んで
東京の淀橋教会で行われるとのことです。
リスナーの方は是非ご参加くださいとのことです。


今年もハムフェアに行きました。会場は東京ビッグサイトでした。
結構な人出で、会場の外まで人の列が出来ていました。
イメージ 1

さっそく日本短波クラブのブースに行きました。
ブースではHCJBの尾崎さんがいらっしゃってました。
イメージ 2

午後の講演会では赤林さんの過去10年間の総括と今後の短波放送という題で
過去10年に消えた短波放送局等の総括がありました。
欧州で短波放送局が次々と消えていったこと等を話されていました。
イメージ 3

会場で特に目新しいと感じたのは、AORが同調式磁界型ループアンテナ LA800 (定価 59850円) を発売していたことでした。

ΔLoop7のコンセプトに近いアンテナと感じましたがΔLoop7との違いは、カバレッジ(10kHz~500MHz)
が広いことと、バンド分割が多いことです。

中波から短波にかけてを6バンドに分割した同調式のアンテナとなっており、ループのサイズはALA1530より
直径で10cmほど小さいコンパクトサイズとなっていました。

短波だけではなく中波も同調式となっていることから、中波受信における中波強大局の混変調・混信を
抑える効果もあると思われます。

さらにシールド・ループになっている(ちなみにALA1530はシールド・ループではない)ことから
さらなるノイズ低減効果があるものと思われます。

差動増幅回路になっているかどうかは不明です。(なっていたとしたらシールド・ループの効果と併せて
相当低ノイズのアンテナになっていると思われます)

さらに長波、30MHzから500MHzについても同調式ではないものの20dBゲインのアクティブループ
アンテナとして動作するということ等、非常に興味深い商品となっておりました。

実働結果を見ていないので断定は出来ませんが、スペック上からは、かなりDX適性の高いアンテナで
あると思います。
イメージ 4
イメージ 5

会場で目を引いたのは非売品のKENCRAFT QR666 でした。
傷もほとんどなく、垂涎ものの美品でした。しばらく見とれていました。

すでに会場前から入場出来るブース出展関係者の方が、目ぼしい商品の購入をしていたようで、
コンディションの良い商品、レアな商品は開場時にはほとんど売約済みとなっていました。

程度の良いR-300が2台あったのですが売約済みとなっていたのが残念でした。

またTRY-X2000(東芝)の程度がいいものが15000円で売られていて、購入するかどうか迷っていたのですが
思案しながら他のブースを回って戻ったら、既に売約済みとなっていて、残念でした。
イメージ 6

今年日本短波クラブは創立60周年ということで記念パーティーに参加しました。
現在の会員数が300人強とのことでしたが、そのうち40名強のメンバーの方がパーティーに
参加されていて、楽しい歓談の席となりました。

私も多くの方との会話をさせていただきました。
どうも有難うございました。
イメージ 7
夜8時ごろに散会となりました。
大変充実した楽しいハムフェアでした。

イメージ 1
脱力感がたまりません。

↑このページのトップヘ