BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★★★★NRD545

15320KHz DW English
9:00-10:00 News SINPO 54444
タイマーによる受信です。家に帰ってから今聞いてます。
 NRD545の音(AMS)は気に入りました。AMの無信号時のギャギャという音には
 閉口ですが。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

http://blogs.yahoo.co.jp/gakuji7n4njn/43647001.html
から続く、、、

とりあえず、オーディオ用のインシュレーターゴム(ソルボセイン)を小さく切った
ものを、トランスの後ろの真ん中に置いて、そのまま取り付け金具で押さえ込みながら
金具とトランスをネジでとめます。
たぶん消しゴムとかでも大丈夫とは思いますが大きさは写真ぐらいにする必要があります。
(強制的にトランスの後ろを押さえるようにする)

あとトランスの中も、ソルボセインを挟み込み、外側に伝導する振動を押さえ込みます。

…写真5、写真6

さらにトランスと金具を、本体に取り付けますが、そのとき指で指しているところを
やや緩めにとめてください。(キツク締めると、なぜか振動します。)

…写真7

やっとこれで振動が止まりました。

原因は、
・トランスへ、紙が付いたまま取りつけされている。(JRCのミス)
・トランスの部品自体が欠陥品。(トランスコアの締め付けが弱い。部品メーカーの責任)

私が取った解決策は、
・トランスの紙を取る
・締め付け方法を工夫して、トランスコアを締め付けるようにする。

でした。

これでとりあえずブーンという変な音を聞く必要はなくなりました。



みなさん、自己責任で御願いしますね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

NRD545を買ったのはいいけれど
最初に面食らったのは、電源トランスのうなり

まるでクーラーの待機時のような大きな音です。
しかも可聴領域を超える低い音で、ストレスになります。

さっそくホームページで書いていないか調べます。
どうも昨年から、技術者の高齢化で、優秀な電源トランスが入手できなくなったようです。

535~545と使用されてきたトランスが、そのメーカーの都合により入手出来なくなった為、
他社製の「同等品」に変更されているそうです。そしてその結果、一部のユーザーから『うなり』が
指摘されているようで、でもJRCにも旧トランスの在庫は無く、今後の出荷機や修理等も
新トランスが使われる様です。18000番台以降は間違いなく新トランスで作られている様です。

さっそく、解体です。   …写真1
(新品なのに悲しい~)中身はスカスカです。これがDSPの恩恵なのでしょうね。
ちょっと拍子抜けです。


電源トランスは容易に出すことができました。後ろのビス4つで本体と、残り4つでトランスを
固定しています。トランスがもの凄く振動しています。
これは不良品だなあ。                …写真2

なんかぺらぺらの紙がそのままトランスの後ろに付いてます。まさかとは思いますが、
オーダーが殺到したので、紙を外すのを忘れて組み立ててしまったのでしょうか?
とりあえず、この紙で振動して音が出ていることも確認できたので外しました  …写真3

トランスの後ろ側を指で押さえると、振動が無くなり、音もほぼ消えるようです。
どうもトランスの締め付けが弱いようですね。
以前のJRCなら考えられない品質です。
これぐらい、対策できないんでしょうかね。
アマチュアの私でさえ、対策方法が分かるのですから、JRCで
きちんと対応してもらわないと困りますね。まったくあきれます。   …写真4

続く…
http://blogs.yahoo.co.jp/gakuji7n4njn/43647176.html?p=1&p

HPにて日本無線のNRD545販売中止とのことでした。

秋葉原のロケットにはNRD545の在庫が平置きされ

処分セールがされています。


価格は16万円とのことでした。(定価20万円から

2割引き)

まだあまり安くなっていませんが、問い合わせは

あるようで、店員は強気のようでした。

最後のJRCマシーン 私は無理ですが、いかがでしょうか。

↑このページのトップヘ