BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 本、CD、オーディオ

今日はイヤピースの話です。

私はコードレスイヤホンを愛用しており、イヤピースは大変重要です。

今回とても良いイヤピースで出会えたのでレポートします。


1.購入したもの

アユート AZLA SednaEarfit XELASTEC [イヤーピース Lサイズ2ペア]


IMG_5788

2.費用

1,718

3.購入場所

Amazon

4.使用したコードレスイヤホン

Powerbeats ProWF-1000XM32台を使用。(パワービーツプロはランニング用に使用。WF-1000XM3は普段用に使用)

5.従来使っていたもの

Comply(コンプライ) Tx-200 スタンダード 耳垢ガード付 イヤーピース Lサイズ

6.従来使っていたコンプライへの不満

コンプライは購入当初はフィット感があり、ホールド感もあるが、1か月もしないうちに耳からポロポロ落ちるようになり、素材もボロボロと崩れるようになる。Lサイズでも小さい感じ。耳垢等が表面に付きやすく見た目が汚い。汗等が付くと洗ったりするのが面倒。1か月毎の買い替えとなると毎月ペアで1600円近く費用が掛かるので財布に厳しい。

7.自分の耳の穴の形

かなり大きめで、いつも市販品のLサイズを使っていたが、それでも大きさが足りないことが多かった。

8.フィット感

アユート AZLA SednaEarfit XELASTEC Lサイズは、自分の耳の形に柔らかくフィットして、その後は耳から抜けにくくなる実感があり、落下の不安も無く、特に落下しやすいWF-1000XM3で安心して装用出来る。Powerbeats Proでも違和感の無い装用感が得られる。

9.音質

非常に低音から高音までワイドレンジの音質がする。

10.     見た目

透明なため清潔感がある。耳垢等もそれほど付かないので清潔感がある。

IMG_5789

IMG_5790

11.     まとめ

この値段で、期待を大きく上回る装用感と音質が得られた。見た目もスタイリッシュなので、今後のために予備用にもう1セット購入した。

従来コンプライをお使いの方で、私と同じような不満がある方は、ぜひアユート AZLA SednaEarfit XELASTECをお勧めします。

真空管アンプの左側から10分に1度

程度、ピーと高音の音が出る件で

アンプをラックスマンのサービス

センターに送っていたのですが

先方では、再現しなかったとの

事でした。ただ左側の真空管は

全て交換してくれました。

修理代金は送料も含め無償で

対応してくれました。

昨日アンプが戻ってきました。

私の方でも次の対応策を取って

みました。

1.ブルートゥース機器をアンプから離す。

2.テレビのハードディスクをアンプから
 離す。

3.全てのケーブル類にフィルターを多連
 装着。

4.電源ケーブル類を短くなるように整理。

5.USB電源で駆動していた冷却ファン
 を撤去

6.ブルーレイとのオーディオ接続を廃止。

7.アンプとテレビ関係の電源にそれぞれ
 コトヴェールの電源フィルター装着。

IMG_5620

さて結果ですが、ピー音はしなくなり

ました。

何が原因だったかは分からないまま

ですが、やるだけの事はやり尽くした

結果だと思っています。

これでまたオーディオが楽しめるよう

になります。

IMG_5622

愛用していた真空管アンプのSQ-N100ですが、

先日8万円の大枚をはたいて真空管を交換した

ばかりですが、先日から左チャンネルから

キーンという高いノイズが出るようになりました。

ボリュームを上げ下げしてもノイズの大きさは

変わりません。セレクタースイッチを動かしても

ノイズは変わりません。電源にノイズフィルターを

付けたり、近くに置いているハードディスクや

CDの電源を落としても、ノイズは出ます。

大体10分間に一度位の頻度で、10~20秒位

不定期にノイズが出ます。

かなり小さい音で、私は気が付かなかったの

ですが、息子と妻が気が付いて、何か音が

すると言ったのが発見のきっかけでした。

ラックスマンに電話して聴いたところ、

ボリュームを上下させても、ノイズの大きさが

変わらないとしたら、真空管の異常が

考えられるので、一度送ってください、という

ことでしたので、昨日送付しました。

修理センターで、同じノイズが再現すれば

対応の方法もあるのでしょうが、もしかしたら

こちらの設置場所の環境の問題かもしれない

ので、直るかどうかは分かりません。

当面は音楽と疎遠になってしまいますが

無事修理で直ってくれることを祈るだけです。

しかし修理代がどうなるかが心配です。

この間8万円もかけて修理したので、

無償修理してくれるといいのですが、

果たしてどうなるか。。。


私は、iPhoneに入っているAmazon musicを

Bluetooth経由で、NA-BTR1Bに飛ばして、

そこからRCAケーブル経由で真空管アンプに

オーディオ信号を流して、音楽を聴いています。

(iPhone⇒Bluetooth⇒NA-BTR1B⇒真空管アンプ)


以前は(PC⇒USBケーブル⇒DAC⇒真空管アンプ)

で音楽を聴いていたのですが、USBの音飛びが

激しくて、断念し、現在のスタイルになりました。

音飛びが無いので満足していたのですが、

なんだか音楽にベールがかかったような感じがして

どうもハイファイというより、ローファイという

感じのする音に、違和感をずっと感じていました。

情報量が少ない気がするのです。

NA-BTR1Bは、音質には定評のあるレシーバー

だったので、なぜだろう、とずっと思っていました。

色々試してみて、ふと何気なく

iPhoneのAmazon musicの設定の中の、

ラウドネス・ノーマライゼーションをOFFにしてみたら

あら、どうしたことでしょうか。

急激に情報量が増え、音がイキイキとしました。

低音も高音も増えて、明らかに音質のレベルが

数段上がりました。

ようやく、音質が悪かった理由が分かりました。

これで、音楽を楽しめるようになります。

今日は良い発見が出来て良かったです。


ラジオのワッチに使っているワイヤレス

イヤホンに使っている耳栓のコンプライがヘタって来ました。

2か月前に新調したばかりですが、もう粘着感が無くなり

潰しても、小さくならず、フィット感が無くなり、かんたんに抜けやすく

なりました。少しボロボロになり、ちぎれるようになりました。

さっそく手持ちの予備の新品と交換しました。

ヨドバシでペアで1650円。2か月しか持たなかったので

1か月あたり825円もします。

うーん割高です。たしかに毎日使ったので、酷使したといえば

酷使したのですが、もう半額位にならないものでしょうか。

昔はこの半額位だったのですが、販売方法が変わってから

高くなりましたね。強気商売です。

1ペア 1650円もしますので、アマゾンミュージック以上の高さです。

3ペアセットで買えばペア当り1100円になり、もう少し安くなります。

まだ1ペアセットが1つ在庫あるので、これが無くなったら

3ペアセットで購入しようと思います。

音質はとても良く、装着感もいいので値段が高いのが残念です。

USBセレクティブサスペンドを無効にしましたが、まだ音飛びします。

通知が入ると音飛びするので、通知を全てOFFにしました。

それでも時々音飛びがしますので、今度はスタートメニューから

KORG→USB Audio Device Control Panelをクリックして

Streaming Buffer SizeをExtra large

ASIO Buffer SizeをMaximumにしました。

さらにコントロールパネル>サウンド>アプリの音量とデバイスの基本設定

>システム音を0にしました。

これでもまだ音飛びが10分に1回ぐらいあります。

気になります。やっぱりDACが悪いんでしょうか。

今度は、メーカーのAHCIドライバーを標準Microsoft® SATAドライバーに交換

してみました。デバイスマネジャーから、IDE ATA/ATAPIコントローラーを選び、

インテルのデバイスから、マイクロソフトの標準SATA AHCIコントローラーに変更します。

(変更方法)
https://www.crucial.jp/jpn/ja/replacing-manufacturer-drivers-with-microsoft-sata-drivers

一部英語になっていますが、この通りに操作することで変更できました。

これで音飛びが減ればいいのですが。。。これでもやはり減りませんでした。がっくり。

パソコンが悪いのではないかと思い、今度は息子のパソコンで

接続してみました。

そうしたらやはり音飛びがするようです。

これはDACに原因があるのかもしれません。



ついにDACを交換しました。

1万円以上しました。

DAC-SQ5Jという機種です。

さあ、音飛びするでしょうか。




😨😨😨ガーン

音飛びしますよ。


じゃあ、一体何が原因なんでしょうか。

Amazon music自体が原因なのでしょうか。


それからずいぶん色々と試してみました。

どうして、アマゾンミュージックがUSB接続で

DACに繋いでいると音飛びするのか原因を探るために

パソコンのパフォーマンスのグラフを見ていたら

Wifiの通信が行われる瞬間に、CPUの処理率が

100%になって、その時に音飛びしていることが

分かりました。

憎っくきターボブーストテクノロジーを
オンにします。

どうもCPUパワーが足りなくなって音飛びしてた

ようでした。

これで音飛びしなくなりました。

やっと解決です。

でもPCがとても熱くなってファンが煩いです。

やっぱりパソコンの買い替え時が近づいているようです。

スピーカーはELACのCL310.2.JETを使っています。
このスピーカーは、昨年に手持ちのスピーカー(ご存じ無いかと思いますが、
アコースティックラボのボレロ)を下取りにして、純正スタンド付きの美品を
12万円でAUDIO UNIONで購入しました。

購入の時は、手持ちのボレロをタクシーで店舗に持ち込み、実際に聴き比べを
しました。

アコースティックラボのボレロは、低音も高音もフラットというより、やや艶の
ある音を出す、という感じですが、ELACは、より解像度が高いうえに、低音の
再現性もサイズを感じさせないスケールであることに驚き、購入に至りました。

小ぶりで、色がシルバーで、スタイリッシュで、いい意味でオーディオらしく
無いので、気に入っています。

CDPはLINN KARIKで、アンプはEL SOUNDのEPW-10を使っています。

アンプは余り知られていないメーカーで、価格も安いものですが、良い音を
出していて気に入っています。左右両方とも別々のトランスを使っていて
回路も完全に左右対称の配置となっており、人工大理石の躯体で制振もしっかり
しています。

以前はMUSICAL FIDELITY A1000Aを使っていましたが、A級アンプのせいか
夏は天板で卵焼きが出来そうなほどだったので、コンデンサーが飛んでしまい、
売ってしまいました。

CDPのLINN KARIKも良い音ですが、最近はCDを聴くより、パソコンに取り込んだ
音源をDACで聴くことが多くなりました。

DACはKORGのDS-DAC-100を使っています。以前はUSB2.0にしか対応して
居なかったのですが、最近のアップデートでUSB3.0にも対応出来るように
なり、新しいPCにも接続出来るようになりました。

今のシステムはそれなりに高いレベルで安定したと思っています。

イメージ 1
読んだ後、胸が締め付けられそうになりました。

生きていくこと、愛し合うこと、笑いあうこと、そんな当たり前の
ことがどれほど大切なことかと強く感じることが出来ました。

2世代にわたって被爆がどれだけの大きな重荷を与えたのか。
こうのさんの情緒のある絵と、普通の日常の中の過酷な運命。

話が進むにつれて沢山の糸が紡がれるように一点に結びついて
いきます。

人が生きること、幸せを追い求めること、それが大切だということを
教えてくれる素晴らしい漫画です。

上手く、この話しの良さを伝え切る力がありません。

でも何度読み返しても、違う見方が得られる多角的で奥行きの深い
素晴らしい漫画だということは、はっきりと言えます。

歴史に残されるべき漫画だと思います。

ぜひ読んでください。

LINN KARIKⅢです。
大変いい音で音楽を聴かせてくれます。
今日、内部の配線にパッチンコアを入れてみました。
電源がスイッチング電源なのですが、これはLINNの特殊な
技術でノイズが殆ど乗らないものになっています。
しかしそれでも気になるので、パッチンコアをスイッチング
電源から出るところに装着しました。
またCDトランスポーターからの配線にもコアを入れて、また
コントロール・液晶基板からもノイズが出ているので、ここにも
パッチンコアを入れてみました。
結果ですが、わずかながら音の切れ味は鈍くなってしまいましたが
全体の感じはマイルドな雰囲気となり、これはこれで、聴き疲れ
しないので、良い方向に変化したかと思います。
(前の音は少し耳に刺さるような音でした)
今日は新しいCDがアマゾンから届くはずなので楽しみです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

なかなか完動品は無くなってきたので、大切に使っていこうと思います。
今のところトレイの開閉も問題無く、音も問題無く聞こえています。



イヤホンのイヤピースをコンプライに変えてもランニング中に
ぽろぽろ落ちてしまう。

鉄線が入っていて耳かけでイヤホンを付けられるようにするため
NOBUNAGA Labs 鬼丸改を買ってリケーブルしました。
@e-イヤホン 秋葉原店

イメージ 1

耳かけで後ろから回してイヤホンを付けてみると、あら不思議
イヤホンが落ちません。

鉄線を耳の後ろ側に沿わす感じにしていると安定します。

音もいいですね!
音に深みが出てきた感じがします。

コンプライと相性が良いようです。

↑このページのトップヘ