BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★★★★Perseus

https://www.autohotkey.com/

AUTOHOTKEYのバージョンはDOWNLOAD V1.0 Deprecated

をダウンロードしてください。これをインストールしてください。

下記をテキストファイルPerseusKeyboardという名前でつくって、拡張子をahkに変えて
ペルセウスのフォルダーに入れて、このファイルでペルセウスを起動するとダイレクト入力が可能となります。

; Small AutoHotkey script to use the arrow keys, letters and numbers in the Perseus receiver software (by Nico Palermo)
;**************************************************************************************************************
; Help:

; Right arrow => Equ. to the mouseWheel down
; Left arrow  => Equ. to the mouseWheel up
; Shift + Right arrow => Equ. to 10 notches of the mouseWheel down
; Shift + Left arrow  => Equ. to 10 notches of the mouseWheel up
; Down arrow => Decrease span (wider traces on the waterfall)
; Up arrow   => Increase span (narrower traces on the waterfall)
; PageDown => Decrease "wheel step"
; PageUp   => Increase "wheel step"
; < => Decrease "CF STEP"
; > => Increase "CF STEP"
; / => Decrease "Ref Lev (dBm)"
; * => Increase "Ref Lev (dBm)"
; Enter => Opens the "Frequency (KHz) dialog  for input, then close the keypad (with another Enter)
; 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 0 => Open the freq dialog, send this number, add the others and close (with Enter)
; a, s, c, r, l, u, f, d, e    => Activate Modes: AM, SAM, CW, RTTY, LSB, USB, FM, DRM, usEr
; +, - (from Numpad) => Activate "USB" and "LSB" (as "u" and "l", but more quickly)
; - => Tuning up fm value of CF Step
; _ => Tuning up fm value of CF Step
; w => switch to waterfall
; t => switch to spectrum
; x => Center frequency in spectrum or waterfall
; o => Toggle Zoom the frequency in waterfall
; b => Toggle Noise Blanker ON/OFF
; n => Toggle Noise Reducer ON/OFF
; j => Toggle "SpkRej" on off
; h => Activate Notch (to deactivate use "y" PBT)
; y => Activate PBT (to deactivate use "h" Notch and so on)
; g => Activate Autonotch
; m => 1. Mute or Activate Volume
; m => 2. after a frequencies input it means "MHz" and close the frequency input window
; k => 1. CWPeak
; k => 2. after a frequencies input it means "kHz" and close the frequency input window
; z => Wave Files change
; Shift q, ALT-F4 => Close Perseus and also the script
; Tab => Jump forwards in the PLAYBACK bar by the specified number of seconds
; Shift+Tab => Jump backwards in the PLAYBACK bar by the specified number of seconds
; Ctrl+Tab => A dialog will appear where the PLAYBACK jump step and the WAV file length can be changed

; Remarks to the PLAYBACK supporting features:
; 1. The jumps are relative to the current playback position, though there are some limitations.
; 2. The jumps begin relative to the start of the playback bar. The position will be set back by a z-keystroke.
; 3. Close to the end of the playback bar a Tab-keystroke will lead to jump to the start of the playback bar.
; 4. When jumping backwards the limit will be the start of the playback bar.

; (C) Laurent Haas - F6FVY - Nov 2008 (f6fvy _at_ free.fr)
; modified by Aldo Moroni (IW2DZX) and Salvo Micciche' (SWL IT9-4639)
; modified by WoodBoxRadio (IK3VIG)
; extended by Ferdinand Lenhardt (perseus_only)
; Thanks to Wolfgang OE1MWW for some important tips
;
; Version 3.2 - Jun 05 2010
; tested with Perseus 2.1i and 3.0beta
;*************************************************************************************************

#SingleInstance force ; skips the dialog box and replaces a previous instance of this script automatically
#NoEnv          ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
SendMode Input  ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetDefaultMouseSpeed, 0 ; Move the mouse instantly.

; don't remove the above line: it try to avoid to run the script with another window called "Perseus" 
; that's not the Perseus receiver software
SetTitleMatchMode RegEx

;*** BEGIN of the PLAYBACK parameter section ***
; The following parameters may be changed and specify the default values
playback_step    = 10 ; seconds (how many seconds to jump forwards or backwards on each keystroke)
playback_minutes = 5  ; minutes (the minutes part of the WAV file length)
playback_seconds = 0  ; seconds (the seconds part of the WAV file length)

; The following parameters shouldn't be changed
playback_bar_start = 180
playback_bar_end   = 1011
playback_bar_vpos  = 603

playback_position := playback_bar_start
playback_last_timestamp = 0

PlaybackJump(seconds)
{
   global

   return (playback_bar_end - playback_bar_start) / (((playback_minutes * 60) + playback_seconds) / seconds)
}
;*** END of the PLAYBACK parameter section ***

;function for "Frequency" window
sendToFreqWnd(key)
{
  Click,,100,245,2
  WinWait,ahk_class#32770
  ControlFocus,Edit1,ahk_class#32770
  ControlClick,Edit1,ahk_class#32770,LEFT
  IfWinNotActive,ahk_class#32770
    WinActivate
  Click,,110,45
  Send %key%
  return
}

;function for background mouse operation with recovery of the mouse cursor position
UnnoticeableClick(xpos,ypos,attr="",clicks=1)
{
  CoordMode,Mouse,Screen
  MouseGetPos,cxpos,cypos
  CoordMode,Mouse,Relative
  Click,%attr%,%xpos%,%ypos%,%clicks%
  CoordMode,Mouse,Screen
  Click,,%cxpos%,%cypos%,0
  return
}

; Activate Perseus if it isn't already active (with "realtime" priority)
IfWinExist Perseus ahk_class (Afx:400000:2028:|Afx:00400000:2028:)
{
  WinActivate
}
else
{
   Run Perseus,,UseErrorLevel,NewPID
   if ErrorLevel = ERROR
   {
        MsgBox Can't find the Perseus program.`n`nCheck PerseusKeyboard and the Perseus software`nare located in the same directory.
        ExitApp
   }
   Process,Priority,%NewPID%,Realtime
   WinWait Perseus ahk_class (Afx:400000:2028:|Afx:00400000:2028:)
   WinActivate
}

#IfWinActive Perseus ahk_class (Afx:400000:2028:|Afx:00400000:2028:)
{

;### Frequency -100Hz
Down::
UnnoticeableClick(587,290,"WU")
return

;### Frequency -1kHz
Delete::
Loop 10
{
  UnnoticeableClick(587,290,"WU")
  Sleep 1
}
return

;### Frequency +100Hz
Up::
UnnoticeableClick(587,290,"WD")
return

;### +Right::
PgDn::
Loop 10
{
  UnnoticeableClick(587,290,"WD")
  Sleep 1
}
return

;### Span Decrease
[::
UnnoticeableClick(135,295)
return

;### Span Increase
]::
UnnoticeableClick(150,295)
return

;### Wheel Step
Home::
UnnoticeableClick(157,376)
return

;### Wheel Step
PgUp::
UnnoticeableClick(132,376)
return

;### Frequency -5kHz
Left::
UnnoticeableClick(192,309)
return

;### Frequency +5kHz
Right::
UnnoticeableClick(987,308)
return

-::
UnnoticeableClick(130,333)
return

_::
UnnoticeableClick(155,334)
return

/::
NumpadDiv::
UnnoticeableClick(133,152,"ARROWD")
return

*::
NumpadMult::
UnnoticeableClick(157,152,"ARROWU")
return

t::
+t::
UnnoticeableClick(227,309)
return

w::
+w::
UnnoticeableClick(263,309)
return

b::
+b::
UnnoticeableClick(518,403)
return

n::
+n::
UnnoticeableClick(969,402)
return


;Activate keypad
;the "Frequency (KHz) window should stay on its normal position to work better
;there are two Enter (see the last function and don't remove)
Enter::
NumpadEnter::
sendToFreqWnd("{Space}{BS}")
return

0::
Numpad0::
sendToFreqWnd("0")
return

1::
Numpad1::
sendToFreqWnd("1")
return

2::
Numpad2::
sendToFreqWnd("2")
return

3::
Numpad3::
sendToFreqWnd("3")
return

4::
Numpad4::
sendToFreqWnd("4")
return

5::
Numpad5::
sendToFreqWnd("5")
return

6::
Numpad6::
sendToFreqWnd("6")
return

7::
Numpad7::
sendToFreqWnd("7")
return

8::
Numpad8::
sendToFreqWnd("8")
return

9::
Numpad9::
sendToFreqWnd("9")
return

;LSB
l::
+L::
NumPadSub::
UnnoticeableClick(408,353)
return

;USB
u::
+U::
NumPadAdd::
UnnoticeableClick(455,353)
return

;AM
a::
+A::
UnnoticeableClick(204,353)
return

;SAM
s::
+S::
UnnoticeableClick(259,353)
return

;CW
+c::
C::
UnnoticeableClick(310,353)
return

;RTTY
r::
+R::
UnnoticeableClick(362,353)
return

;FM
f::
+F::
UnnoticeableClick(508,353)
return

;DRM
d::
+D::
UnnoticeableClick(561,353)
return

;User
e::
+E::
UnnoticeableClick(594,353)
return

;SpkRej
j::
+j::
UnnoticeableClick(562,458)
return

;PBT
y::
+y::
UnnoticeableClick(260,546)
return

;Notch
h::
+h::
UnnoticeableClick(300,546)
return

;Autonotch
g::
+g::
UnnoticeableClick(340,546)
return

;CWPeak
k::
+k::
UnnoticeableClick(380,546)
return

;Mute or Activate Volume
m::
+m::
UnnoticeableClick(1002,405)
return

;Center frequency
x::
+x::
UnnoticeableClick(23,422)
return

;Zoom frequency
o::
+o::
UnnoticeableClick(300,310)
return


;Wave file change (if it's a single file it works as "rewind")
z::
+z::
UnnoticeableClick(playback_bar_end,playback_bar_vpos)
playback_position := playback_bar_start
playback_last_timestamp := A_TickCount
Sleep, 1000
return

;*** BEGIN of the PLAYBACK hotkey section ***
Tab::
playback_current_timestamp := A_TickCount
if(playback_last_timestamp = 0 or playback_last_timestamp > playback_current_timestamp)
{
   playback_last_timestamp := playback_current_timestamp
}
playback_position += PlaybackJump((playback_current_timestamp - playback_last_timestamp) / 1000)
playback_last_timestamp := playback_current_timestamp
if(playback_position > (playback_bar_end - 1))
{
   playback_position := playback_bar_start + mod(playback_position - playback_bar_start, playback_bar_end - playback_bar_start)
}
playback_position += PlaybackJump(playback_step)
if(playback_position > (playback_bar_end - 1))
{
   playback_position := playback_bar_start
}
UnnoticeableClick(playback_position,playback_bar_vpos)
Sleep, 100
return

+Tab::
playback_current_timestamp := A_TickCount
if(playback_last_timestamp = 0 or playback_last_timestamp > playback_current_timestamp)
{
   playback_last_timestamp := playback_current_timestamp
}
playback_position += PlaybackJump((playback_current_timestamp - playback_last_timestamp) / 1000)
playback_last_timestamp := playback_current_timestamp
if(playback_position > (playback_bar_end - 1))
{
   playback_position := playback_bar_start + mod(playback_position - playback_bar_start, playback_bar_end - playback_bar_start)
}
if(playback_position > (playback_bar_start + PlaybackJump(1)))
{
   playback_position -= PlaybackJump(playback_step)
   if(playback_position < playback_bar_start)
   {
      playback_position := playback_bar_start
   }
   UnnoticeableClick(playback_position,playback_bar_vpos)
}
Sleep, 100
return

^Tab::
InputBox,playback_step_tmp,PLAYBACK,Step (in seconds),,160,130,,,,,%playback_step%
if !ErrorLevel
{
   if playback_step_tmp is digit
   {
      if(playback_step_tmp > 0)
      {
         playback_step := playback_step_tmp

         InputBox,playback_minutes_tmp,PLAYBACK,Minutes,,160,130,,,,,%playback_minutes%

         if !ErrorLevel
         {
            if playback_minutes_tmp is digit
            {
               if(playback_minutes_tmp >= 0 and playback_minutes_tmp <= 59)
               {
                  playback_minutes := playback_minutes_tmp

                  InputBox,playback_seconds_tmp,PLAYBACK,Seconds,,160,130,,,,,%playback_seconds%

                  if !ErrorLevel
                  {
                     if playback_seconds_tmp is digit
                     {
                        if(playback_seconds_tmp >= 0 and playback_seconds_tmp <= 59)
                        {
                           playback_seconds := playback_seconds_tmp
                        }
                        else
                        {
                           MsgBox,0x10,Error,Seconds invalid
                        }
                     }
                     else
                     {
                        MsgBox,0x10,Error,Seconds invalid
                     }
                  }
               }
               else
               {
                  MsgBox,0x10,Error,Minutes invalid
               }
            }
            else
            {
               MsgBox,0x10,Error,Minutes invalid
            }
         }
      }
      else
      {
         MsgBox,0x10,Error,Step invalid
      }
   }
   else
   {
      MsgBox,0x10,Error,Step invalid
   }
}
return
;*** END of the PLAYBACK hotkey section ***

;Close Perseus and the script
+q::
!F4::
UnnoticeableClick(1010,12)
ExitApp
return

; Automatically Close keypad after freq input
;please, keep these lines at the end

#IfWinActive Frequency ahk_class#32770
; for frequencies in kHz
Enter::
NumpadEnter::
k::
+k::
click,,64,184
click,,104,186
return

; for frequencies in MHz
m::
+m::
click,,33,184
click,,104,186
return

}
 

パソコンを買い替えてから、ペルセウスに周波数を
ダイレクトに入力できなくなっていたのですが、
ようやく入力できるようになりました。

https://www.autohotkey.com/

AUTOHOTKEYのバージョンはDOWNLOAD V1.0 Deprecated

をダウンロードしてくださおい。

新しいバージョンだと起動しないようです。

PerseusKeyboard.ahkというファイルをペルセウスの

フォルダーの中に入れて、これをペルセウスの

ショートカットにすれば、ダイレクト入力が楽しめます。



ペルセウスがAORから戻ってきました。

前段のアンプIC交換で10230円でした。

19000円位掛かると思っていたので

安く済みました。

早速アンテナを繋いで受信してみました。

感度良好です。R-1000と比べても

Sメーターの触れ具合に差はありません。

これで、もう感度低下の再発はないでしょう。 



 

ようやくペルセウスの修理が終わりました。

前段のアンプのICを交換しました。

実は感度低下は先方では再現しなかった

そうです。

これで2回目です。

ペルセウスを物理的に動かすと感度低下

が起きたり、元に戻ったりするようです。

ICの不具合の可能性もあるので、予防保全

でICを交換してもらいました。

修理代は約1万円でした。

明日受け取る予定です。

 

今日、朝から新宿の東急ハンズに行き、白色の木材を

設計書に基づいて、切り出してもらい、昼過ぎに自宅に

帰り、シャックの棚を作りました。

残念ながら、強度が少し足りない感じでしたが、

棚を壁の方に寄せて、重みのある機材を入れたら、

しっかりと固定出来たので、これで完成とします。

その後、色々な配線に時間が掛かりましたが、

夕方には、シャックが出来上がりました。

IMG_5297

以前のシャックより、かなりこじんまりしました。

白色の棚は部屋にも溶け込み、寝室はだいぶスッキリとしました。

今はR-1000で海外の音楽を楽しんでいます。いい感じです。

火曜日には、タンスも半分処分する予定で、デスクがシャックの

前に移動する予定です。そうすれば寝室はかなり広くなります。

ところが、シャックの完成後、なぜか、ペルセウスの感度が

かなり低くなってしまいました。

配線のトラブルかと疑って、いろいろと配線を交換したり

再接続したり、再起動したり、色々と試したのですが

どうも昨日に比べて、中波が30dB、短波が10dBほど感度が低い

ようです。(中波の感度低下が著しいようです)。

以前にも感度が低下したことがあり、その時もAORに修理に

出したのですが、先方でいつの間にか直ったとのことで、

無修理のまま返却になった経緯があります。

(ATTのリレーのところが接触不良になっていると、その時は

聴きましたが、何も対応はしませんでした)

今回も同じ不具合なのかもしれません。

火曜日AORに修理に出す予定です。




修理に出していたペルセウスを受け取りました。

感度はなおっていませんでした。

相変わらず悪いままでした。

AORの所では直っていたとの事だったので

配送途中で元に戻ったようです。

叩いてみたりしましたが感度は悪いままでした。

ペルセウスの基盤を取り出して、リレーを

ペンペン叩きましたが、変化なし。

駄目だと気を落として、基盤むき出しのままで

分配器側の別のコネクタに同軸ケーブルを

付け替えると、嗚呼 感動  感度が回復!

もう一度、元のコネクタに付けても

感度は良好です。

どうも、同軸を付け替えた際の衝撃で

復活したようです。

その後、感度は良い状況のままです。

しかし、この状況では、また同じ状況

が再燃する可能性はありますね。

やはりアッテネータのリレーが悪いの

でしょうか。

リレーの部品がAORに届き次第、交換

修理の予定です。


WS000004

メーターが下1桁が5dB単位になってしまいました。

原因は、Ref Levが0ではなく、-5になってしまっている

ためです。

これを0に戻す方法が分かりました。

WS000005
Scaleを5にします。


WS000006

そうするとRef Levを0にすることが出来ました。


WS000007

Scaleを10に戻すと、通常の

メーターの下1桁が0になりスッキリしました。

ご参考まで。

感度が急に10dB程落ちた

ペルセウスですが、原因は

アッテネータのリレーの

接点不良だったようです。


リレーはイタリアからの

取り寄せになり、時間が

掛かるそうなので一旦

ペルセウスを戻してもらう

事にしました。

接点不良は触っているうちに

直ったそうですが、今後の

事を考えて交換修理を依頼

しました。

修理には1万円程度かかりそうです。

これまでは、ペルセウスでダイレクトに周波数を入力をするとき、

■周波数欄の上で左クリックして周波数入力ダイアログボックスを開く…①
      ↓
■ダイアログボックスが出たら周波数をキーボードで打ち込む…②
      ↓
■マウスでダイアログボックスのkHzボタンを押して目的周波数に飛ぶ…③

という感じでダイレクト入力操作していました。

この方法では、
②で周波数を打ち込んだ後、エンターキーを押して、すぐ目的周波数に飛べば
楽だと思っていたのですが、エンターキーを押しても、周波数入力ダイアログ
ボックスが閉じるだけでした。

②の後、何かショートカット
キーを押して目的周波数に飛ぶ方法はないかと探していました。

検索しまくって、ついにその方法を見つけました。

これは
周波数を打った後、k  のキーを押すと
直接目的周波数に飛んでくれます。

これは凄い。
ストレスが無くなりました。
インストールの方法は次の通りです。


https://www.autohotkey.com/ で autohotkey をダウンロードして
インストールします。


その後
のFiles※ から
PerseusKeyboard_v32.zip(現時点の最新版) を探して
解凍して、解凍したファイルをペルセウスのプログラムが入った
フォルダーに入れます。

(※ここにアクセスできるようになるにはメーリングリスト
 グループに入会手続きをして、メンバーとして承認される
 必要があります。若干時間が掛かりますが私の場合はタイミング
 が良かったのか30分位で承認されました。)


必要な準備はこれだけです。
快適になりました。


もっとすごいこと発見★

ペルセウスを立ち上げた後、何気にテンキーを叩いてみると①すら、しないで
直接周波数を
打ち込んで、
エンターキーを
押すだけで
周波数が飛ぶように
なりました。


②+エンターキー だけで目的周波数に飛ぶようになりました。

Perseus direct frequancy input  by only one enter key is enabled now!!


補足

ペルセウスフォルダーの中の
PerseusKeyboard.ahk(または、上記ファイルへのショートカット)
をクリックして、ペルセウスを起動してください。

ショートカットの画像が変わるのが嫌でしたら、ショートカットの
アイコンの上で右クリック>プロパティ>アイコンの変更>参照
>ペルセウスのあるフォルダーを選択>perseus.exe>開く>OK>OK
でアイコンがペルセウスのものに変わります。(ショートカットの
名前はperseusに変更してください。)


Windows10にしてから、ペルセウスで困ったことが起きました。
マウスのホイールを動かすと、2ステップずつ、周波数が動くことです。
たとえば、5kHzのステップだと、マウスのホイールを1クリック動かすと
10kHz動きます。
通常5kHzずつスキャンすることが多いので、これでは不便です。
下の1kHzにすると、2kHzずつ動くので、5kHz台は受信できません。
100Hzずつだと、たくさん回さないといけません。

イメージ 1
デバイスの、一度にスクロールする件数が2になっていたので
ここを左端の1にしました。
これでできればいいのですが。。。


しかし、やはり2ステップずつしか動きません。
いろいろ悪戦苦闘した結果、方法を見つけました。

イメージ 2

下の、ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする
をオフにします。

こうすると1ステップずつ周波数を動かせるようになりました。

いやー疲れました。
みなさんのお役に立てば光栄です。

無事5kHzずつ、周波数を動かせるようになりました。
イメージ 3

↑このページのトップヘ