BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★★★★ALA100MS/LN

このところ、風が強かったせいで、出しっぱなしにしていた

アンテナの基台が壊れてしまいました。

基台をカッターを使って取り外し、新しい基台を取り付け

2,3日接着剤を固めた上で、復活させました。

やはり外に突き出すように設置するのは、風の

強い日には基台に過大な力が加わり、基台が

壊れてしまうようです。外に突き出す方がゲインが

高くなるのですが、安全上、外には突き出さないほうが

良いようです。


ALA100LNで良好に受信を楽しんでいたのですが、

急に、突然ゲインが20dBほど上がり、一方でノイジー

になることが頻発するようになりました。

何度も電源をON,OFFしたりしてみましたが、やはり

数十秒に1,2回、バチバチという音と共に、ゲインが

上下するようになりました。

受信機(R-1000)の問題かと思い、PL-660で受信

してみたのですが、それでもバチバチという音が

してノイジーになったり、元に戻ったりします。

壊れやすいALAとはいえ、購入してまだ日が経たない

のに早速故障するとは、と落胆しました。

アンテナの状況を確認しに、外に出てみました。

アンテナは昨夜の強い風にも関わらず、問題無く

屹立していました。

ふと、エレメントの取り付け金具の所を見てみると

エレメントの片側の金具のところが、昨夜の

風で、でしょうか、ゆるくなっていて、接触が

ついたり、切れたり、するようになっていました。

早速、取り付けをキツクしてみて、受信してみた

ところ、もうバチバチとはいわなくなりました。

故障ではありませんでした。

原因が判明して良かったです。


接着剤がようやく固まったみたいなので
早速、ALA100LNで受信してみました。

まずハイバンドでFLG1530LNと比較しました。
放送が出ていないところのフロアノイズと
安定して聞こえている中国局の信号強度を
比較してみました。

FLG1530LN
15.490kHz フロアノイズ S=5
15.480kHz  中国局     S=7~9

ALA100LN
15.490kHz フロアノイズ S=3
15.480kHz  中国局     S=7~9

ALA100LNの方がフロアノイズがかなり低く
一方で感度はFLG1530LNと同等と分かりました。

しかも、お化けは発生していませんでした。

ALA100LNは、かなり性能が高い
アンテナのようです。
FLG1530LNの比ではありません。

ALA100LNは、お化けも出ませんし
フロアノイズも低く、SN比が高いと思います。

ALA100LNはお勧めのアンテナです。

IMG_5368

上がFLG1530LN,下がALA100LNです。

FLG1530LNは同軸をエレメントに使うので

製作は結構不便です。(4mの同軸って中々無い)

ALA100LNは単線でエレメントにしています。

(ALA100MSと同じ)

今日から、ALA100LNをメインアンテナにしていきます。

早速基台にアンテナを

取り付けてみました。 

1DCA9362-B866-4A62-B9EC-76B6D30A1D42
230E12D0-E16E-40CF-BA24-E97564B8AF93
1DAE1944-A32D-4213-8ADD-BEE4D94F1182
 この後、基台底面の接着剤がまだ

乾いていないことが判明したので

週末まで待つ事にしました。 

Wellbrook社からALA100LNと

コントローラーが届きました。
IMG_5348

関税が1600円も掛かってしまいました。

では、中を開けてみましょう。


IMG_5349
コントローラーです。9dBのプリアンプ付きです。

以前はプラスチック製だったのですが、よりノイズに強い

金属製に変わりました。こちらの方がノイズを遮蔽する効果

があるので嬉しいですね。

アンテナ接続側は電圧が流れているので、ゼッタイにラジオ

側に繋いではいけません。間違いそうで怖いです。


IMG_5350

アンテナモジュールです。

アンテナ接続端子はプラスチック製に変わりました。

耐久性が心配です。

早速三脚に接続できるようにシューを取り付けます。

IMG_5353

シューグーで、シューを取り付けます。

固まるまで2,3日そのままにしておきます。

アンテナエレメント

側のワイヤーステッカーを取り付けます。

IMG_5355
2、3日待って、樹脂が固まったら、初受信を

してみて、お化けが出ないか確認します。



IMG_5351
残念ながらACアダプターはスイッチング電源でした。

これではノイズが出てしまいます。

しょうがないので、安定化電源から電源を取ることに

しました。

コントローラーだけ取り付けて聴いてみたところ

ゲインが増えて聴きやすくなり、ノイズはそれほど

増えていないので、いい感じです。

アンテナのお化けが心配です。もしお化けが出るようだと

今回の買い物は失敗だったということになります。

機材の準備が出来次第テストしたいと思います。


ようやくALA100LNと室内モジュールが

イギリスのWellbrook社から発送されました。

到着は2週間程度かかるんでしょうか。

もう手元のALA100MSもFLX1530LNも

感度が時々不安定なので、早く届いてほしい

です。

前からゲイン不足を感じていたので

室内モジュール(+9dB)で感度もさらに

良くなると期待しています。

きちんと日本用のACアダプター

(トランス式)が付属するかが

心配です。(一応依頼はしたのですが)


購入したALA100LNのアンテナ基台を作りました。

先ずは、既存のアンテナ基台を参考に穴開けの

位置を決めます。

922B23F5-F294-44F1-A90D-5420832A840D
0788BFF2-084F-41B4-8C66-A7D89A607807
穴を開ける位置を決めたら、小さい口径から

順に電動ドリルで穴を開けて行きます。

いきなり太いドリルで穴を開けるのは困難です。

一番細いドリルで穴を開けて、少しずつ太いドリル

で穴を広げていきます。

ナイロンに穴を開けるのは大変です。

ナイロンはある意味鉄より強度が有るので

穴開けは本当に意外に

難航します。

小さい口径から順に3.5ミリまで穴を開けて

いきます。
327BA41C-070E-4545-81E0-1C871F7CCA17
643C6D74-DAD4-4230-9462-821B673F22D5


穴を開けた後は裏側のバリを取ります。

ニッパーで裏側のバリを取っていきます。

ドリルを当てて少し表面をならします。

これで完成です。

ロッドアンテナが2本取り付けられます。

後はアンテナモジュール本体の到着待ちです。






 

ALA-100LNを購入した話は先日しましたが、

室内モジュールも購入することにしました。

理由は、ALA-100LNはゲインが低めで、

このままではゲイン不足になる恐れがあった

ためです。

室内モジュールは9dBのプリアンプが付属

しているのでゲインを多少稼げると思って

います。

これだけで13000円近くしましたので、ちょっと

高い買い物をしてしまいました。

ACアダプタを付けるように依頼したのですが

きちんと、付けてくれるかが、ちょっと心配です。

トランス式のACアダプタは入手困難になって

きているので、ちゃんと付いてきてくれたら

それだけでも購入した甲斐があったというものです。

到着までたぶん2週間位かかるのかなあ。

それまでは手元のアンテナで受信を楽しみます。

幸い感度が急に低下する事象は生じていない

ので、このまま楽しみたいと思います。

これまでロッドアンテナが折れたり、緩くなったりした時は

買い替えしか方法がありませんでしたが、修理してくれる

サイトを見つけました。


WS000001

私は、アンテナをロッドアンテナを使って構築していますので、ロッド

アンテナが入手できなくなった時は、今ある手持ちを修理して使うしか

ありませんので、使うことがあるかもしれません。

またBCLラジオなどで、ロッドアンテナが折れている場合の、修理に

いいかもしれませんね。ちょっと値は張りますが、直してくれるのは

嬉しいです。


会社名:管洸精器株式会社

https://www.kanko-seiki.co.jp/product/antenna.html






ALA100MS、FLX1530LNなどの、ロッドアンテナの基台につかっていた

パーツの品名がやっと分かりました。

IMG_5107


一個だけ残っていた部品の粘着テープ面に

「WIRE STICKER MIRACLE BASE」

というロゴが、メーカーを探るヒントになり、ネット検索をしたり、

部品の寸法を測定していった結果

ムツミ金属ワイヤーステッカー ナイロンタイプ(S-NTYPE)  S-522 

という部品が、手持ちのパーツに該当することが分かりました。

「NASUDEN WEBSHOP」で25個入りで1090円で購入出来ます。

安いです。(送料別)

送料の方が高くて(1360円)一個100円位になりました。

この部品を相当数手元に確保しておくことで、

今後も長期的にロッドアンテナを支持材に使ったアンテナを

展開していくことが出来そうです。



IMG_5088

部品がまだ残っていて良かったです。

しかし銅のエレメントどうしましょうか?(オヤジギャグ)

これも結構高かった。最近アンテナの部品購入でお金が無くなって

ます。

新しいALA100LNの購入に向けて、三脚に取り付けるための

Velbon スペアシュー QB-3 QRA-3対応 シュープレート アルミ製 409485

を買ったり、それをALA100MSの底部に取り付けるための

シューグー 100 ブラック

を買ったり、シュープレートから粘着テープをとりはずすため

テープ剥がしを買ったり、結構お金が飛んで行っています。


↑このページのトップヘ