BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★★★★ALA100MS/LN

新しいエレメントを銅棒で作成してみましたが
失敗でした。
 7568B01E-84EF-446E-82F7-03838805CD05
4.5mm径の銅棒2mを2本購入しました。

1800円でした。
65917EE3-0C2A-4C07-A6DB-8659485407A4
ハンダを使って繋げます。

34EC8A74-78B2-4E18-86A2-87CDBFBB8014
三角形にしました。

しかし残念ながら重すぎて自立しません。

しかもたわんで形を維持出来ませんでした。

これでは使えません。

やはり、ロッドアンテナを支持に使って電線を

回す方式の方が優れています。

1800円無駄になってしまいました。
 

私が自家製ループアンテナを作る時の基台には

ケーブルクランプを使います。

これに穴を2つ開けて、ロッドアンテナを取り付けて

ケーブルクランプはALAのアンテナアンプ部に樹脂で

取り付けて、ロッドアンテナを逆V字(少し広めに広がるようにする)

に展開し、電線をロッドアンテナに絡めて、ロッドアンテナ間を

繋ぐようにして、ループを形成します。

結構軽くて、ループが自立するので、この方法を使っています。

昔は、ロッドアンテナ自身をエレメントにしていましたが、長期間

外に出しておくと接点不良になることが分かりましたので、それ以来

現在の方法でエレメントを展開しています。

ロッドアンテナは単なる支持材・骨組みとして使っているわけです。

もっといい方法があればと考えていますが、今のところ、これが

ベストの方法の様です。

問題点はロッドアンテナと丁度良いケーブルクランプの入手が困難に

なってきていることです。

他に良い方法があればよいのですが、なかなかアイディアが出ません。

皆さん、こんばんは。

ついにアンテナを一基購入しました。

Andrewさんに ALA100MSが時々感度が落ちて

電源をOn Offしたり、空電が有ると、感度が復活

する話をしたら、ヘッドユニットの交換を勧められ

ました。

購入したモデルはALA100LNというモデルです。

今使っているALA100MSのローノイズ版だそうです。

FLX1530LNのお化けに悩ませている話しをして

善処をお願いしたら、FM/UHFのトラップフィルター

を内蔵してくれると言ってくれました。

我が家はFM/UHF局の強電界地域なのです。

今使っているALA100MSとFLX1530LNは予備用に

しようと思います。

FLX1530LNではお化けに悩まされましたが

今度は大丈夫じゃないかと期待しています。

ヘッドユニットが届くのが楽しみです。





 

どうもFLX1530LNはお化けが出ますね。

やっぱりALA100MSの方がお化けが無い。

すごく残念ですが、ALA100MSをメインアンテナに

します。

FLX1530LNは強電界に弱いですね。


アンテナはこれまでΔLoop10をここ数年使ってきましたが
ここにきてゲインが突然落ちてしまい、使用が出来なく
なってしまいました。
原因は不明です。
ロッドアンテナを新しいものに変えたら一時ゲインが復活
したので、ロッドアンテナの老朽化が原因と思っていましたが、
新品のロッドアンテナに替えても、ゲインが落ちることが
あり、信頼性に疑問が持たれるようになったため、
一旦保守用に取っておくことにしました。

かわりにALA-100MSを使うことになりました。
アンテナの構造的には前回と同じです。樹脂系の接着剤で
それぞれのパーツをつなげました。

脚は以前は無垢の木を使っていたのですが、今回から三脚を
使うことにしました。

受信感度的には、以前より向上しました。

以前は、混変調対策にFMとMWのトラップフィルターをダブル
で入れていたため、SWの方も若干ゲインロスがありましたが
こちらの方は、ゲインロスが無い分ゲインが高くなりました。
(その分フロアノイズも上がっています)
FMが良く聞こえるようになり、こちらからFM富士が良く
聞こえるようになりました。

とりあえず当面はこのシステムで受信したいと思います。
イメージ 1

イメージ 2

前より、ループ部を外に出すことが出来るようになったので、その分
わずかにゲインは出るようになったと思いますが、体感的には大差
無いように思います。

ALA100MS(ALA1530+と同等)とΔLoop7で改めて比較して
ΔLoop7の素晴らしさを実感しています。
最初の画面がΔLoop7

イメージ 1

その後がALA100MSです。

ALA100MSは実は、室内側モジュールにセカンドアンプがあります。

これは自己責任でやっていただきたく、責任は一切取れませんが、
実は、ALA100MSは、ΔLoop7の室内モジュールからの同軸をつなぐとそのままセカンドアンプ無しのALA1530と同等になります。
ちなみに,この方法でALA100MSのセカンドアンプを外してみたのですが、
全体に10dBほど感度が低下して、若干お化けが減って、ローバンドは聞きやすくなったイメージがありますが、SN比的には当然ながらほとんど変化は無いのではないかという感じです。

ちなみに下記の写真は、セカンドアンプ付きの状態です。。。それでもΔLoop7のゲインにはかないません。

イメージ 2

かなり感度の差があるのと、ΔLoop7はクリアです。

ノイズフロアがΔLoop7はALAより高いという指摘もありますが、
では、実際は「どうなのか」

SN比でも、下記の写真のように、2つのアンテナの
ノイズフロアを合わせて見ると、やはりΔLoop7の方が
シグナルが高い位置にあります。(下の写真の左側がΔLoop7、右側が
ALA100MSです)つまりSN比でもΔLoop7のほうが良いということが分かります。

=ΔLoop7のSN比はALAに5~10dB勝っていると思います。

これはシビアなDXでは大きな
差(ΔLoop7のALAに対するアドバンテージ)になります。

イメージ 3

本当にΔLoop7は磨き上げられたアンテナだと思います。

こうやって見ると、なぜ沢山のDXerの方がΔLoop7を愛用されているかが分かります。

ついにALA100MSが到着しました
イギリスに発注してから、もう2週間になるので、しびれを切らしていたところだったのですが
今朝届きました。
(関税はかかっていなかったのですが、消費税を1000円取られてしまいました。。。)
写真は、早速開封して、ΔLoop7と並べて撮ったものです。

定格を見る限り 大変素晴らしい性能ですね。 
Intermodulation typically: 2nd order -114dBm
With two signals of 32mV 3rd order -141dBm

Intercept point typically: 2nd order +80dBm
Test Freq. 8MHz +14MHz 3rd order +43dBm
イメージ 1

最初、こんなに小さいことが信じられませんでした。
製品はシリアルが紙になっているので、野外に置くと相当汚れるだろうなというのが
気になりました。しかしシリアル番号がいつの間にか2315番になってます。
結構売れているようですね。

本当に小さい。。

早速設置をしてみることにしました。

設置方法は、バナナプラグのメスの爪を、ALA100MSのモジュール側のネジにそのまま
かしめて固定しました。(もう少し時間があれば、きっちりと固定するようにしますが、とりあえずです。)
イメージ 2

大きな箱はΔLoop7のアンプ部です。エレメントをΔLoop7から取り外して、ALA100MSに接続します。
ΔLoop7の同軸をそのまま使います。

コードを差し替えることで、簡単にΔLoop7と聴き比べが出来ます。

では、、、、

早速、ΔLoop7と比較してみます。RHCで比較しましょう。

まず最初がΔLoop7
イメージ 3

その次がALA100MSです。
接続に時間がかかってちょっと時間差がありますが、コンディションはそんなに
変わっていなかったと思います。
イメージ 4


比較結果ですが、、、、

ゲインは、明らかにΔLoop7の圧勝(+10dB)です。しかしノイズフロアーもその分高いようです。

ALA100MSは、ゲインがΔLoop7より低い分 ノイズフロアも低くなっています。

結果としてはSN比では、ALA100MSとΔLoop7でそれほど差異は認められないともいえます。

ただギリギリのDXではおそらくΔLoop7のほうが良いと考えます。

聞いた感じ、ΔLoop7の方がガツンとした、野太い音がしますが、ALA100MSはどこか靄がかかった

おとなしい感じです。(ヒスノイズのような雑音がある。)

コスト的にも考えると、1.5万円前後で製作出来るΔLoop7がいかに費用対効果が素晴らしいか

ということが分かりました。

しかし、ALA100MSは、同調操作をしなくても、簡単に聴けるため、多数のバンドにわたって

同時ワッチが楽しめたり、またエレメント交換を要せずに中波(FM)DXも出来るという

魅力が大きいです。


このように、双方良い面があり、どちらが良いとは結論はできませんが、

シビアな短波DXには、ΔLoop7をお勧めします。

中波DXや、多数局のモニタリングを多数受信機で行うような場合、ALA100MSを

使う運用になるように思います。

まだ気がつかない面があるかもしれないので、しばらく利用してみたいと思います。

ただ、円高(ポンド安)の今、直接輸入は魅力がありますね。


PS その後1週間使って感じたのですが、長波も大変FBでして、とにかくノイズを拾いにくい
ということが分かりました。
FMも聞けますし、混変調も無く、素晴らしいの一言です。
これははっきり、Strong Buy の一品です。


(注意)ΔLoop7との接続時に間違うと、電圧の違いで壊れるかもしれないので、あくまで
自己責任でお願いします。受信状況は設置場所、環境によって結果が違いますのであくまで
参考にお願いします。

うーん、ついにポチリました。赤字ですが、もういい!
やはりALA100MSは最高のようです。

この記事を見て、フラーとしてしまいました!

http://atlantadxonlineusa.web.fc2.com/log/1002.htm

ALA100MS - これ、結構いい!かも知れない。 と書いてました。、、
 即殺のセリフですね。うー(涙)

うーん、久しぶりに衝動買いしちゃいました。。。。240GBPなり(送料込)
まあ、3万円ちょっとでMWDXも簡単に堪能できるのなら。

ΔLoop7のエレメントを共用することで、ΔLoop7を有効活用したいと思います。

ワンターンエレメント付きのΔLoop7と異なり MW DX局や国内遠距離中波も聴けるそうです。

ΔLoop7でも中波用エレメント(数ターンエレメント)に取り変えると可能ですが、
やはり広帯域受信の魅力にはかないません。

ΔLoop7とも聴き比べてみたいと思います。

あとでレポートします。。。

しかし、請求書が怖い。。

↑このページのトップヘ