BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

カテゴリ: ★★★PL660

夏休みになりました。

今日は電子工作三昧です。

最初は単一の値のアッテネーターを作ろうと思っていましたが、

アッテネーターを3つ繋げて、組み合わせで、色々な減衰値を

作れるステップアッテネーターを作ることにしました。

設計図はこれです。

IMG_5472

4dB、6dB、8dBのステップアッテネーターです。

これで4,6,8,10,12,14,18dBの7つの減衰値の組み合わせが出来ます。

ステップアッテネーターは、安い市販品等も無い(すごい高いものは

売っている)ので、これは自作するしかないですね。

工作難易度もそれほど高くは無いので、製作する価値が高いです。

ケースは既に、20dBアッテネーターで使っていたものを流用しました。

秋葉原に行き部品を購入。スイッチと抵抗と錫メッキ線で990円でした。

IMG_5468

電動ドリルでスイッチ用の穴を3つ開けて、スイッチを取り付けました。

最近近くがめっきり見えなくなったので、最初から老眼鏡を使って半田付けしました。

狭い場所に、立体的に配線していったので、なかなか難しかったです。

錫メッキ線で端子間を接続していくのが意外に難しかったです。

その後、抵抗を合計9本半田付けしました。

私は、へたくそなので、1時間位掛かりました。

IMG_5469

完成しました。手書きですが機能が分かるように書いておきました。

本当はテブラとかで作った方が良いんでしょうけど、大雑把な性格なので

これで良しとします。

3つのスイッチで色々な減衰量の組み合わせが選べるので、非常に使いやすいです。


IMG_5471

PL660に早速取り付けました。

これでPL660が強電界で飽和した時などに、適切なアッテネーターを選択することが

出来ます。

パチパチとスイッチを切り替えると感度が段階的に変わるのが確認出来ました。

キチンと動作しているようです。

いいステップアッテネータが出来ました。

比較的簡単なので、皆さんも是非トライしてみてください。

みなさん、こんばんは。

今日はコンディションは比較的良かったです。

TOMが9455kHzではっきり聞こえていたのは

久しぶりだった気がします。

15490kHzのBBC via CVAがほんのわずかな

時間ですが聞こえていたのも、ここしばらく

聞こえていなかったので、珍しかったです。

WWCRと思われる局が聞こえていたのも

久しぶりという感じです。

総じてコンディションは良かったんだと思います。

しかし、PL-660のお化けには驚かされました。

外付けのアッテネーターを外すと軽減しましたが

その後もやはりお化けがあり、R-1000で確認

せざるを得なくなるシーンがありました。

PL-660は混変調が出やすいというイメージは

余り無かったのですが、今日はコンディションが

良かったので、入力が過大になったのかも

しれません。しかしなんで外付けATTを付けたら

お化けが酷くなるのかが今一、良く理解できません。

とりあえず今はアッテネーターを外して、

本体の感度ボタンを最小にして聴いています。

まあ、安いラジオなので、余り多くを望んでも

仕方がないのかもしれませんね。

皆さんは、ラジオのお化けで悩まされたことは

ありますか?

それでは今日のログをアップします。

※一部局名 ID取れておらず推定です。受信日・時間・設備・周辺環境により受信可能局は変動します。
  < Tokyo  RX  :R-1000,PL-660    ANT :ALA100LN >
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
JST         Frequency    Station name     SINPO      Language     Comment
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
15:39 15515kHz  Radio Kuwait  45444      Arabic 今日は早い時間から良好に聞こえています。S=9+5dBと強めです。
15:43 15090kHz  Radio Azadi  35333      Persian 男性アナのトーク。比較的強めです。
15:49 15360kHz  Mashaal Radio via UAE    45444      Pashto 非常に良好に聞こえています。男性トークの後、音楽。
16:01 15490kHz  BBC via CVA  25322      English 強い時はSINPO=35333ぐらいですが、結構深いフェージングがあり、聞こえなくなる時もあります。久々の入感嬉しいです。
16:09 15755kHz Mashaal Radio  34333      Pashto 男性アナのトーク。比較的今日は強めです。
16:14 17880kHz Radio Azadi via Thailand    35333      Dari 今日は良好です。男性アナと、電話越しで女性のトークです。
16:34 9690kHz Voice of Nigeria  22322      French こちらもR-1000の方がPL-660より了解度が良いようです。太鼓が聞こえます。近隣局の混信がかなり厳しいです。
16:48 9915kHz BBC via Ascension    22222      English 混信が酷いですが、久々に入感しています。
17:07 7570kHz TOM via WRMI  25222      English 説教番組になっています。小刻みなフェージングがあります。
17:09 9695kHz KNLS  55544      English 大変強力です。S-9+20dB 良好です。
17:17 11785kHz 台湾国際放送  55544      Japanese 非常に強く入感しています。
17:19 6155kHz KBS World Radio  33443      Japanese ビート音の混信があります。
17:23 9770kHz KBS World Radio  45444      English こちらは良好です。
17:39 15595kHz Vatican Radio  25222      Unknown 時折浮かんでくると女性トークが聞こえています。かなり厳しい入感ですね。
18:00 9455kHz TOM via WRMI  25232      English 説教番組が比較的安定して聞こえています。
18:03 15310kHz BBC via Oman  25332      Pashto 今日は弱い入感です。いつものラジオ劇が始まりました。
18:03 7570kHz TOM via WRMI  35333      English だいぶ強くなってきました。安定しています。9455kHzとパラです。
18:05 5945kHz RNZI  45444      English この時間、だいぶ強くなりましたね。ご機嫌な音楽がかかっています。
18:10 5020kHz SIBC  35333      English だいぶ強くなってきました。S=9 トークが薄っすらと聞こえています。
18:19 5935kHz WWCR  25222      English かなり厳しい感じですが、時折声が聞こえています。S=9
18:19 5025kHz R.Rebelde  ー      Spanish 今日は聞こえませんでした。




PL660のホルダーを探していましたが、

ゴム足で手取り早く固定する事で対応

しました。

選局時もラジオが動かず良い感じです。

高さ1cmのゴム足(粘着テープ付き)を

使用しました。



CA7F00F4-F45D-468F-9FE7-36D1A18030F5


 

シャックからペルセウスが消えました。

ペルセウス不在中のダイレクト選局はPL660

にお任せしようと思っていますが、上手くシャック

にPL660を固定出来ないか、ホルダーを探して

います。

何もないと、設置が不安定で、キー入力の時

ラジオがガタガタと動きます。

理想はiPad等のホルダーを流用出来ないか

と思っています。

問題は、ホルダーが上手くPL660に嵌るか

どうかです。

サイズ等で検討しようと思いますが、面倒なので

現物を手で確認して、実際にPL660をホルダーに

設置して、マウント状況を確認することを考えています。

家電量販店に行ってみようと思います。


TECSUNのPL660がとてもいい感じとの評判だったので、私も買いました。
イメージ 3

オークションで新品同様のものが売っていたので、9,900円で落札しました。

今夜届いて、箱を開けたところ、本当に新品同様で箱や付属品も完全に
封をされたままで、とてもきれいな状態でした。

さっそく、電池を入れて時間をセットしました。

取り扱い説明書は英語でしたが、判りやすい構成になっていて、
説明図も豊富にあるので、セットは容易でした。

その後、実際の受信をしてみました。

FMで聞いてみたのですが、あまり感度は良くないようです。

そのあと、短波を聞きましたが、アンテナを繋いでいないので
当然ながら何も聞こえません。

パソコンの近くに持っていくとノイズが盛大に入ります。
そこで外部アンテナを接続しました。
するとノイズが無くなり、盛大に短波局が聞こえるように
なりました。

そこで5020kHzのSIBCを聞いてみました。
そうするときちんと聞こえています。
NRD545と比較すると、少しノイジーに聞こえます。
やはりこの程度か、と思いましたが、次に
NRD545で聞いているスピーカーに繋いでみた
ところ、とんでもなく静かで、丸い、聞きやすい
音で聞こえます。
NRD545と比べても、ずっと聞きやすいです。
AR7030+を繋いで比較してみても、こちらのほうが
とてもきれいな音をしています。

「やべえよ、PL660 いきなり旗艦をぶっちぎりやがった」

なんということでしょう。

混信があったので同期検波を使うと、スパッと混信を
消し去りました。
USBとLSBで選択できるので、混信から逃げることが
出来ます。

そのあと、アマチュア無線を聞いてみます。
これもマイルドでとても聞きやすいです。
BFOと書いていますが、これってファインチューニングですね。
とても同調しやすいです。
NRD545よりノイズが少ないです。AR7030+と比べてもローノイズです。
イメージ 1
NRD545と比較中

イメージ 2
AR7030+と比較


すばらしい、ラジオです。

ただ弱点も。25mバンドで、感度をDXにしていると音が割れます。
(それだけ感度が良いということですが)
感度をNORMALにすると大抵解消しますが、Sメーターは
それでも常に振り切れ状態です。
LOCALにして、やっと落ち着きます。
ダイナミックレンジはさすがにNRD545にはかないません。

しかしこの大きさで、こんなに良くやるとは思っていませんでした。

質感も艶消しの黒色で、所有欲を満たしてくれます。
DE1103の頃に比べて、中華ラジオも進化しましたね。
なにより、チューニング、BFO、ボリュームが独立していて
同時に操作出来るのが素晴らしいです。

これなら十分メインリグとしても活躍出来そうです。

ただ内蔵スピーカーはあまり良くありません。このおかげで
このラジオの評価は、過小評価されているかと思います。
きちんとしたオーディオ用アンプとスピーカーに接続すると本当
卒倒するような甘い音が聞けます。
これは本当に「すげー」ひっくり返るほどいいですぜ。旦那。

本当、びっくりしました。時代もかわって安くても
いいものが手に入るようになりましたね。

↑このページのトップヘ