BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

BCL日記
ブログ主 エムエム
使用アンテナ ALA-100MS・FLX1530LN+自作エレメント
マンションでBCLをやっています。ノイズも多くBFな環境なので凄いDXは出来ませんが、コツコツ受信をしています。よろしくお願いいたします。

タグ:パソコン

イメージ 1

問題の説明:

ペルセウスというソフト(www.microtelecom.it/perseus)を使って、
外付け(USB接続)のPERSEUS(microtelecom)を使いたいのですが、USB接続した際に
アプリケーションエラーが出て、ファームウェアーのPERSEUS本体へのアップロードが途中で
妨げられる状況が昨年10月以来出ていました。

たまに上手く動作するときが100回に2回程度あり、そのときは30M程度アプリケーションの
メモリー使用量がありますが、失敗するときはその半分程度となりました。

あたかもファームウェアーのアップロード(ペルセウスは毎回起動時に、そのプログラムを本体に読み込ませる仕組みとなっていて、そのため、PCからソフトをUSBを通してペルセウスにアップロードしている)の途中で何らかの理由で妨げられているように思われました。

自宅のPCすべてで同じ現象が出てます。

ウイルスソフト(マカフィー)が原因かと思い、アンインストールしたのですが、それでもアプリケーション
エラーが止まりません。


 私のPCですが、DELL XPS430です。

CPU Core 2 Quad Q9550 (12MB L2 cache、2.83GHz、1333MHz FSB)
 memory: 4GB (2GBx2)
 graphic: ATI Radeon(TM) HD 4850 512MB (DVIx2/TV-out)
 Hard disk: 500GB SATA HDD (7200)
 OS:-- Windows Vista(R) Home Premium SP1 32bit(Japanese)
 Microsoft(R) Office Personal 2007

マイクロソフトの、アプリケーションエラーのログに次のようなものが出ています。
 
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
問題の署名
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: spoolsv.exe

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

やはり強制終了がかかっているようです。


そこで、次の対応をしたところ一時的に解決しました。

■マカフィーのアンインストール
■ウィンドウの設定を、Windowsクラシックに変更
■Virtual Audio Cableをアンインストールした後、ペルセウスのUSBドライバー、プログラムを
 インストール
■マカフィーをアンインストールした後に、ペルセウスのソフトをダウンロード
■Safariではなく、Internet Explorerでペルセウスのソフトをダウンロード
■USBの接続ポートを変更(本体のUSBポートではなく、液晶ディスプレーに付属しているUSBポート)
■ディスクのCasheの削除(3GBもあった)
■BIOSの設定を出荷時に再設定


今となってはどれが効果があったのかがわかりませんが、この中では個人的には、VACのアンインストールとUBSポートの場所変更が一番効果あったと思います。今は動作しているようなのでしばらくはこれで様子を見てみます。

____________________________________________________________________________________________


その後やはりダメになりました。朝起きてパソコンを再起動して、試してみると
全然認識しません。

再度VACをアンインストールしてから
ドライバーの再インストールをしてみたところ、今度は
添付写真の画面が出てきました。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

”デバイスのソフトウエアに関する問題が発生しました。

 デバイス用のドライバソフトウエアが見つかりましたが、このドライバのインストール時に
 エラーが発生しました。

 Perseus HF Receiver(WinUSB)

 このデバイスを開始できません。(コード10)”

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

>>このデバイスを開始できません。(コード10)は、なんでしょうか>

検索をしてみたところ次のような記事にヒットしました。

-------------------------------------------------------------------

http://support.microsoft.com/kb/297511/ja

USB コントローラが認識されず、
デバイス マネージャにコード 10 エラー メッセージが表示される

対象製品

この技術情報は、お客様がご利用の Windows とは異なるバージョン向けの情報です。
内容がお客様の環境には適応しない場合があります。
Windows Vista サポート ページをご確認ください。

現象
マザーボードに SIS (Silicon Integrated Systems) チップ セットが
使用されているコンピュータで、デバイス マネージャに、USB コントローラに関する
次のエラー メッセージが表示されることがあります。

このデバイスを開始できません。(コード10)

デバイス マネージャで、USB コントローラ ドライバを手動で更新すると、
コントローラは正常にインストールされたように見えますが、コンピュータを再起動すると、
コントローラは "コード 10" が表示される状態に戻ります。

この現象は、PCCHIPS M741LMRT マザーボードおよび SIS 530 マザーボードで
発生することが確認されています。デバイス マネージャには、この USB コントローラは、
SIS 7001 PCI to USB Open Host Controller として表示されます。

原因

この現象は、基本入出力システム (BIOS) の設定に誤りがあることが原因で発生する
ことがあります。システム BIOS には、DOS USB 機能の設定があります。

解決方法
この問題を解決するには、システム BIOS で DOS USB 機能を無効にします。
無効にする方法の関連情報については、コンピュータのマニュアルを参照してください。

---------------------------------------------------------------------------

DELLのサポート窓口に問い合わせてみたのですが、
「それはOSの問題と思います。」とそっけない返事でした。


マイクロソフトには問い合わせていますが、まだ連絡がありません。

AORからは連絡があり、ペルセウスは壊れたことが無いが、返送する前に
もう一度"電圧をチェック"してみなさい(電圧がおかしいとアプリケーションエラーが
出る)という連絡がありました。

__________________________________________________________________________________________________



また、なぜか聴けるようになりました。本当によく理由がわかりません。電圧が変動してダメになるのかな??トランス型なのですが、安定化回路は入っていないので、、、、。

影山さんが確か製作記事を出されていたと思うのであとで製作をしてみようかと思います。

==================================================================================================



やはり、使えなくなった。どうも、何度もトライしていると朝に使えなくても、夜には
使えるようになるというのがはっきりしてきました。

ペルセウスのファームウェアーの変更で電流消費量が減ったことも影響しているのかも。

今週中にACアダプタの変更をしてみます。

Itunesが突然開かなくなりました。
昨日、TPが開けていたので、いつも使っている超録というフリーソフトで
録音していたのですが、いざ録音を開こうとすると見慣れないメッセージが
出てきました。
「QuickTimeのバージョンが7.0dのため、開けません。最新の7.0.3をダウンロードしてください」
仕方ないので、AppleのHPから最新のQuickTimeをダウンロードします。
そして、インストールすると、こんどは
「すでにあなたは最新のバージョンのインストール済みですのでダウンロードできません。」
とのメッセージ
「@@なんじゃこりゃー 」
仕方がないので、Appleのサポートをググって、関連情報がないか調べます。
そうすると、次のような情報がありました。

心当たりのない謎エラーにより
再インストールができなかった件。

インストール済という偽情報が、レジストリに残っていたため。


Windows Installer Clean Up
http://support.microsoft.com/?scid=KB;JA;833594

などを使って
再インストールしたい(=消したハズの)ものが
まだ残っているのがあるのでそれを
消去してやればOK。

Quick Time stand aloneを再度ダウンロード
http://www.apple.com/jp/quicktime/download/standalone.html

より新しいバージョンの…
というメッセージは出ない。

とある。

さっそく、ウィンドウズのHPから、そのクリーンナップなる
ソフトをインストールし、それで見ると、結構残ってる。

それで全部消しました。(この時点で夜中2時…あー眠い。あとは明日にしよう)

翌日会社出勤前に、
再度インストールを試すが、
やはり

「すでにあなたは最新のバージョンのインストール済みですのでダウンロードできません。」
とのメッセージ
「@@なんじゃこりゃー 」
絶叫

しかし会社に出勤の時間。やむなく中断。

会社についても頭の中は、Quick Time
のにくいメッセージ。

同僚とも、コーヒーのみながら相談。
そうすると突然アイディアがひらめく。


そうだ、
Cドライブ検索 ”Quick”

関連するファイルを抽出してやって
全部消せばいいんだ。


そうして帰宅後、わくわくしながら、やってみると、

なんとまだ沢山残ってます。もちろんQuickと書いているファイルで
Appleじゃないのもあるので、一つ一つプロパティやファイルの格納場所を判断
しながら関係の無いものを消さないように注意しながら手で消して行きます。


OK

再度インストールすると、こんどは成功
やったー

こうしてようやく、録音した大切なライブラリーと面会が出来るようになりました。

めでたし。

しかし本当、大変だった。

イメージ 1

イメージ 2

ipod 3G 10GB が故障(雨に濡れたら充電不可となった)しましたので、

やむなくオークションでジャンクで売却しました。

4000円程度で買い手が付きました。

その後、ipod 3G 20GBが15000円程度でオークションで入手できました。

付属品、キャリングケースなどのオプションが付いていましたが、

液晶がかなり劣化しており、四隅が暗い、コントラストが出ないなど

かなり難がありました。また電池も4時間程度しか持たない状態でした。

そこで、銀座のipodの店(松屋の前にあり)に持っていったところ

即日新同品と交換をしてくれました。(約7000円)

電池交換の手間を省くため、新品同様品と交換してくれるようです。

(ただ完全動作品でないとダメみたいです。充電可能でないと約3万かかるみたいですね)

アップルは、電池交換費用が高いということでアメリカで訴訟が起こされて

負けているため、このようにサービスがされているようです。

おかげさまで、実質18000円ほどの負担で、ほぼ新品の20GBのipodが入手できました。

ipod nano の2GBとほぼ同じ代金なので喜んでいいものかどうか分かりませんが、、、

写真は上が壊れたipod 下が交換後のipodです。

イメージ 1

GAS(グローバル アンテナ サーバー)という新しい構想が今始まっています。

世界中の巨大アンテナをインターネットを経由して、どこからでも使うことができるというものです。

アマチュア無線であれば、自宅の小型アンテナから送信し、自分のCQを、たとえばアラスカのロングワイヤーで確認しながら、遠くアメリカからの応答の返ってくるのを、聴くことができるようになります。


これを書いた時は夢物語でしたが、ペルセウスのリモート機能であっという間に実現してしまいました。
恐るべきペルセウス。

http://atlantadxonlineusa.web.fc2.com/perseus/articles/11.htm

パソコンのファン

やはり五月蝿い。なんとかならんだろうか。

ノートのファンを一回見て、何か方法がないか考えようと思い。

パソコンをばらそうと思ったが、途中でケースが割れそうだったので

怖くなってやめた。

なにか方法があるはずなんだけど。今はファンの音が部屋から遠く玄関まで聞こえている。

気になってしまいます。

下にパソコンの熱を取るアルミ製のシートを置いたりしたけど、どれもそんなに効果はなかった。

処理スピードを落として発熱を抑えようと、CPUソフトクーラーを探したが、

既存のノートPCで使用できるものは少ないということも分かり途方にくれている。

ノートPCのファンが五月蝿い。
ぎゃんぎゃん鳴って、眠れやしない。

ちょっと最適化を寝ているうちにしようと思っても
五月蝿くて、断念。

まったく!

↑このページのトップヘ