愛用していた真空管アンプのSQ-N100ですが、

先日8万円の大枚をはたいて真空管を交換した

ばかりですが、先日から左チャンネルから

キーンという高いノイズが出るようになりました。

ボリュームを上げ下げしてもノイズの大きさは

変わりません。セレクタースイッチを動かしても

ノイズは変わりません。電源にノイズフィルターを

付けたり、近くに置いているハードディスクや

CDの電源を落としても、ノイズは出ます。

大体10分間に一度位の頻度で、10~20秒位

不定期にノイズが出ます。

かなり小さい音で、私は気が付かなかったの

ですが、息子と妻が気が付いて、何か音が

すると言ったのが発見のきっかけでした。

ラックスマンに電話して聴いたところ、

ボリュームを上下させても、ノイズの大きさが

変わらないとしたら、真空管の異常が

考えられるので、一度送ってください、という

ことでしたので、昨日送付しました。

修理センターで、同じノイズが再現すれば

対応の方法もあるのでしょうが、もしかしたら

こちらの設置場所の環境の問題かもしれない

ので、直るかどうかは分かりません。

当面は音楽と疎遠になってしまいますが

無事修理で直ってくれることを祈るだけです。

しかし修理代がどうなるかが心配です。

この間8万円もかけて修理したので、

無償修理してくれるといいのですが、

果たしてどうなるか。。。