CF-NX2を使っているとキーンとファンが
うるさいので、なんとか静かにする方法を
探しました。

すると、とても簡単で、確実に静かに
出来る方法がありましたので紹介します。

設定

WS000004
システムを選択します。


WS000005

電源とスリープを選択します。


WS000006
右側の電源の追加設定を選択します。


WS000007
プラン設定の変更を選択します。


WS000008

詳細な電源設定の変更を選択します。
WS000004

最小、及び最大のプロセッサの状態を100%から1%に変更します。(バッテリーも電源も両方共)
後記
1%は、もったり過ぎたので50%に変更しました。


以前は99%で良かったのですが、最近の新しいWindows10の更新が行われてからは、99%以下でもターボ・ブースト・テクノロジーがOFFにならなくなったとみられファンが煩い状態です。

99%も低くするのですが、これでもターボ・ブースト・テクノロジーがONのままのため、処理スピードはそれほど下がらずに、CPUの温度上昇をかなり抑えることが出来て、結果として
ファンが静かになります。
後記

結局BIOSの設定からターボブーストテクノロジーを強制的にオフにしました。

Shiftを押しながらシャットダウン

電源を押してF2を連打していると
BIOS画面が出ます。
IMG_20191026_153633
詳細 ーCPU設定 でエンターを押す

IMG_20191026_153804
憎っくきターボブーストテクノロジーを
オフにします。

IMG_4310
F10を押して設定を保存します。

またシステムの冷却ポリシーをアクティブにして、早めに冷却して煩くならないようにしました。

パッシブより早めに静かに冷却してくれるので結局アクティブのほうが静かなようです。

最小、及び最大のプロセッサの状態も100%から1%に変更したままでも、不思議な事に、それ程動作が重くないので、このままにしておきます。

パソコンが余り熱くならなくなりました。
ファンも静かです。

これは本当に便利な方法です。
CF-NX2をご利用の皆さんお試しください。


その後、アマゾンミュージックがUSB接続で

DACに繋いでいると音飛びするのか原因を探るために

パソコンのパフォーマンスのグラフを見ていたら

Wifiの通信が行われる瞬間に、CPUの処理率が

100%になって、その時に音飛びしていることが

分かりました。

憎っくきターボブーストテクノロジーを
オンにします。

どうもCPUパワーが足りなくなって音飛びしてた

ようでした。

これで音飛びしなくなりました。

やっと解決です。

でもPCがとても熱くなってファンが煩いです。

やっぱりパソコンの買い替え時が近づいているようです。